東京株式市場は4日、連休前に日本銀行が追加の金融緩和策を実施すると発表したことを受け、市場が反応。続伸して日経平均株価は一時1万7000円台に回復した。

同株価が1万7000円台となったのは取引時間中としては2007年10月18日以来、約7年ぶり。

【関連記事】
【米国現地レポート】中銀の過大な影響を警戒する声
確定拠出年金の資産持ち運びを可能に?政府の狙いとは
年間52,596円の日経新聞が無料!?その非常に簡単な方法とは?
上場前に「LINE株」に投資をする方法とは?
ネーミング戦略がカギを握る?日系企業による中国進出の成否