7日、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイが7-9月(第3・四半期)決算を発表。英小売大手テスコへの投資で6億7,800万ドルの評価損を出したことが響き、純利益が8.6%減少。テスコの株価は、不正会計疑惑から7-9月に約34%急落している。

一方で、営業利益は(1株あたり2,876ドル)とアナリストが事前予想していた1株あたり2,593ドルを上回った。

バフェット氏は以前、テスコへの投資を「大きな過ちだった」と語っている。

(ZUU online)

【関連記事】
10月米雇用統計事前予想下回る 非農業部門雇用+21.4万人、失業率5.8%
【米国現地レポート】「黒田バズーカ2」に、米ではドル/円が120円狙うとの声
年間52,596円の日経新聞が無料!?その非常に簡単な方法とは?
たった1万円で株式投資が可能??話題のミニ株の始め方とは?
マンションオーナー必見!空室率改善と回転率を上げる高収益賃貸経営