財務省は11日、2014年度上期(4月〜9月)の国際収支状況を発表。経常収支は2兆239億円の黒字となった。

ただ前年同期は3兆810億円の黒字。2013年度下期(10月〜3月)の赤字から2期ぶりに黒字に転じたものの、前年同期からは34.3%減となり、1985年以降の統計では過去最少となった。

なお、同じく発表された9月の経常収支は9630億円の黒字となり、前年同月から61.9%増加する結果となった。

【関連記事】
労働革命の担い手、盛り上がる”クラウドソーシング業界”
携帯電話大手3社…一人負けのドコモ『業績悪化は信用評価上ネガティブ』との指摘も
年間52,596円の日経新聞が無料!?その非常に簡単な方法とは?
まだ間に合うNISA 11月中の滑り込み口座開設で非課税の恩恵を
集客力とマンション賃料をアップするリノベーションとは?