内閣府は11日、10月の景気ウォッチャー調査を発表した。

調査によると、3カ月前と比較した景況感を示す現状判断DI(指数)は前月から3.4ポイント低下し、44.0となり、2カ月ぶりに低下した。

さらに2、3カ月後の景気の良し悪しを予測する先行き判断DI(指数)は前月比2.1ポイント低下し、46.6。5カ月連続で低下する結果となった。

この調査の結果について「景気はこのところ弱さが見られるが、緩やかな回復基調が続いている。先行きについてはエネルギー価格の上昇等による物価上昇への懸念等がみられる」と考察している。

【関連記事】
労働革命の担い手、盛り上がる”クラウドソーシング業界”
携帯電話大手3社…一人負けのドコモ『業績悪化は信用評価上ネガティブ』との指摘も
年間52,596円の日経新聞が無料!?その非常に簡単な方法とは?
まだ間に合うNISA 11月中の滑り込み口座開設で非課税の恩恵を
集客力とマンション賃料をアップするリノベーションとは?