アイロムホールディングス <2372> が12日、ストップ高を記録した。

12日、同社はiPS細胞を効率よく生産できる作製用ベクターの販売を来夏に開始する意向であると発表した。厚生労働省の製造基準に基づき作製されたiPS細胞作製用ウイルス素材の販売は、初となる。

これが買い材料となり、株価は急反発。12日は前日の終値1545円から400円高となる1945円でストップ高となった。また、今月5日記録した年初来高値の1846円を大幅に更新する結果となっている。

【関連記事】
ソフトバンク参入!インド市場の底知れないポテンシャル
携帯電話料金が1/3に・・大手キャリアに挑戦『楽天モバイル』
年間52,596円の日経新聞が無料!?その非常に簡単な方法とは?
まだ間に合うNISA 11月中の滑り込み口座開設で非課税の恩恵を
集客力とマンション賃料をアップするリノベーションとは?