積水ハウス <1928> は14日、年初来高値を記録した。

同社は13日、大引け後に2015年1月期連結業績予想の修正を発表。2015年1月期の売上高1兆8200億円を1兆9100億円に、営業利益1420億円を1450億円に、経常利益1490億円を1535億円に、純利益860億円を890億円にそれぞれ上方修正した。

『積水ハウス・リート投資法人』の投資口の東京証券取引所上場承認を受け、同社保有資産のオフィスビルを売却する予定となったことや、請負型事業の現在までの受注状況等に鑑み、通期の業績予想を見なおしたという。

発表を受け、14日の市場では買いが先行。前日終値1486円から、午後12時35分の時点で年初来高値となる1583.5円まで数字を伸ばしている。

【関連記事】
トヨタ、ホンダ、日産…円安加速で喜ぶ企業
日本勢の躍進!なぜ、ミャンマーでは韓国企業よりも日本企業が選ばれるのか?
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは
ネット証券は情報の宝庫...最短5分で得られるメリットとは?
集客力とマンション賃料をアップするリノベーションとは?