東レ <3402> が18日、年初来高値を記録した。

同社は17日、米航空機大手のボーイングと、次世代大型機『777X』の主翼向けに軽量素材の炭素繊維を供給することで基本合意したと発表。受注総額は1兆円を超えると見られ、東レが約1000億円を投じてアメリカに工場を新設して大量受注に対応することが分かった。

この発表が買い材料となり、前日終値842.1円から続伸。午前9時6分には年初来高値となる881円まで買われた。

【関連記事】
景気低迷が明確に…GDP2期連続マイナス成長で年1.6%減
GDPマイナス成長の衝撃でアイフルやアコムら金融業株下落
日経テレコンや四季報まで閲覧可!?最短5分で入手できる情報の宝庫とは?
日本一のFX会社はどこ?3大FX会社を徹底分析
名士が好み、移り住む本物の邸宅地 渋谷区大山町の魅力とは?