スカイマーク <9204> がストップ高を記録した。

業績不振に陥っているスカイマークだが、21日、一部で日本航空 <9201> と業務提携交渉を行っていると報じられていることが材料視されたと見られる。『Bloomberg』によると、スカイマークと交渉に入ったという報道を受け、日本航空の広報担当者は「業務提携の要請を受けたのは事実」と認めたという。

スカイマークは今期単独最終損益が137億円の赤字に拡大。エアバスへの巨額の違約金を支払う懸念もあり、株価は急落していた。

なお、当報道を受けてスカイマーク株は前日終値195円から50円高の245円に急伸。ストップ高となっている。

【関連記事】
スカイマーク事件と航空業界の今後の行方
衝撃のGDPマイナス成長…正念場に立たされたアベノミクスの今後
日経テレコンや四季報まで閲覧可!?最短5分で入手できる情報の宝庫とは?
『ダウ・ジョーンズ』有料情報もタダ?貴重な投資情報を無料で入手する方法
好景気で踊る不動産市場、富裕層が購入するべき物件とは?