米アップルの時価総額が7000億ドル(約82兆5000億円)を超えた。『Bloomberg』が報じている。

アップルの株価は25日、一時119.75ドルに上昇し、時価総額が7020億ドルを超える結果となった。ニューヨーク市場の終値は117.60ドルで、時価総額約6900億ドル。なお、アップルの時価総額は同ランキング2位のエクソン・モービルの約4000億ドルを大きく引き離している。

アップルは9月にiPhone6とiPhone6プラスを発表。さらに新型のiPadを発売するなど、新製品の売れ行きが好調で、同社のブランド力を高める要素の一つとなった。

【関連記事】
進行する国際化…外国人富裕層が北海道のリゾートに熱い視線
不動産投資 成功と失敗を分けるポイント
日経テレコンや四季報まで閲覧可!?最短5分で入手できる情報の宝庫とは?
『ダウ・ジョーンズ』有料情報もタダ?貴重な投資情報を無料で入手する方法
注目の都内高級賃貸マンション5選 忘れがちな引越し時の注意点とは?