理学療法士の平均年収はどれくらい?

理学療法士の平均年収はどれくらい?
(画像=「シニアタイムズ」より引用)

理学療法士(Physical Therapist)とは国家資格を取得しているリハビリのプロです。

ケガや病気による後遺症などにより、身体機能に支障をきたす人のリハビリをサポートすることが主な仕事。「立つ・歩く・座る」などの基本動作が問題なくできるようサポートします。

そんな重要な理学療法士の年収はどのくらいなのでしょうか?ここでは、厚生労働省のデータを基に理学療法士の年収をご紹介します。

理学療法士全体の平均年収は約430万円

理学療法士全体の平均年収は4,306,800円です。

内訳

  • 月収:300,700円
  • 賞与など:698,400円
  • 年収:4,306,800円

一方、全産業の平均年収は「月収311,800円・賞与884,500円・年収4,626,100円」です。理学療法士の平均年収は産業全体よりやや低いものの、ほぼ平均的であることがわかります。

※1:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査の概況

年代別の平均年収|20代・30代・40代でどう変わる?

では、年代によって平均年収はどのように変わるのでしょうか?以下は、理学療法士の年代別の平均年収です。

■理学療法士の年代別の平均年収

年収 (円)  20〜24歳  252,300  330,200  3,357,800  25〜29歳  271,900  657,600  3,920,400  30〜34歳  292,900  699,300  4,214,100  35〜39歳  317,400  746,100  4,554,900  40〜44歳  341,200  881,400  4,975,800  45〜49歳  354,400  927,100  5,179,900  50〜54歳  346,400  993,600  5,150,400  55〜59歳  388,100  1,044,600  5,701,800  60〜64歳  328,400  687,500  4,628,300  65〜69歳  315,700  881,000  4,669,400
(画像=「シニアタイムズ」より引用)

年齢

月収
(円)

賞与など
(円)

年収
(円)

20〜24歳

252,300

330,200

3,357,800

25〜29歳

271,900

657,600

3,920,400

30〜34歳

292,900

699,300

4,214,100

35〜39歳

317,400

746,100

4,554,900

40〜44歳

341,200

881,400

4,975,800

45〜49歳

354,400

927,100

5,179,900

50〜54歳

346,400

993,600

5,150,400

55〜59歳

388,100

1,044,600

5,701,800

60〜64歳

328,400

687,500

4,628,300

65〜69歳

315,700

881,000

4,669,400

※1:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査の概況を基に作成

年齢が上がるに連れ年収も上がり、50代でピークを迎えることがわかります。ただし、他の業種に比べると年齢による昇給の幅は少なめです。

年収500万の人の生活|手取り額や割合・住宅ローンやふるさと納税まで解説!

施設規模別の平均年収|100人未満施設と1000人以上施設でどう変わる?

働く施設の規模によっても平均年収は異なります。

■施設規模別の平均年収

        給与        "賞与 特別手当など"        年収 100人未満        317,000        507,800        4,311,800 100人以上1000人未満        290,600        681,200        4,168,400 1000人以上        319,000        900,900        4,728,900
(画像=「シニアタイムズ」より引用)

施設規模

月収
(円)

賞与など
(円)

年収
(円)

100人未満

317,000

507,800

4,311,800

100人以上
1000人未満

290,600

681,200

4,168,400

1000人以上

319,000

900,900

4,728,900

※1:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査の概況を基に作成

1000人規模の施設の方が多少年収が高い傾向にあります。なお、国公立の施設と民間の施設でも多少の差はあるようです。

経験年数別の平均年収|1年目と15年以上でどう変わる?

一般的には、同じ職種を長く経験するほど平均年収が上がる傾向にあります。では、理学療法士はどうでしょうか?

■経験年数別の平均年収

        給与        "賞与 特別手当など"        年収 初任給        239,100        57,500        2,926,700 1〜4年        259,800        604,800        3,722,400 5〜9年        277,000        699,000        4,023,000 10〜14年        305,900        765,700        4,436,500 15年以上        340,100        975,700        5,056,900
(画像=「シニアタイムズ」より引用)

経験年数

月収
(円)

賞与など
(円)

年収
(円)

初任給

239,100

57,500

2,926,700

1〜4年

259,800

604,800

3,722,400

5〜9年

277,000

699,000

4,023,000

10〜14年

305,900

765,700

4,436,500

15年以上

340,100

975,700

5,056,900

※1:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査の概況を基に作成

他の職種と同様に、経験年数に比例して平均年収も上がることがわかります。経験年数が15年を超えると、産業全体の平均年収も超えてきます。

平均初任給は約23.9万円

理学療法士の平均初任給は約23.9万円。賞与を含めた年収は約292.6万円です。産業全体の平均初任給は約22.8万円のため、月収だけを比較すると理学療法士の初任給はやや高い方になります。

公務員理学療法士の平均月額給与は約36.8万円

公務員理学療法士とは、公務員として理学療法士の仕事を行う人のこと。理学療法士の資格に加えて、公務員試験にも合格する必要があります。

公務員理学療法士の働く場所は、主に国立病院や自治体の公立病院、市役所などの行政機関です。

総務省のデータによると、理学療法士を含む「薬剤師・医療技術職」の平均月額給与は約36.8万円、各種手当を含む月額は約39.3万円です。

一般的な理学療法士の平均月額給与は約30万円のため、公務員の方が多少高い月額であることがわかります。

※2:総務省|令和4年地方公務員給与の実態