特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Written by ZUU online編集部 6,785記事

【12/2 為替展望】日本国債格下げでリスクオフの円高 本日はイエレンFRB総裁講演

 昨日の東京市場で、ドル円相場は前週末のドル高の流れが持続し、2007年7月以来の高値を更新し、119円台を示現した。

 ただ、ロンドン時間には、米格付会社のムーディーズが、日本の政府債務格付けを引き下げると、リスク回避の円高の動きと、中長期スパンでは日本の財政懸念が円安要因になるという見方が交錯し、値動きの荒い展開が続いた。

 ニューヨーク時間は、米債利回り低下や原油先物相場の反発を背景にドル安が続き、ドル円は117円87銭まで下落したが、米国の11月の製造業総合景況指数が、58.7で市場予想を上回ると下落分を埋めにいく展開に。118円30銭台でニューヨーク時間の取引を終えている。

 本日はFRB関連の要人の発言に注目が集まる。

 22時10分より、フィッシャーFRB副議長がワシントンでパネル討論会に参加する。また、22時30分よりイエレンFRBの定着攻防となっている。一時は119.04円前後までドル高が進む場面が見られた議長がワシントンで学生向けにスピーチを行う。現在の米国経済への認識や今後の金融政策などが注目される。

(ZUU online)

【関連記事】
中国富裕層が日本商品を『爆買い』 恩恵を受ける業界は?
衆院解散と消費税先送りは市場関係者へどのような影響を与える?
日経新聞や日経産業新聞が無料?証券口座開設のお得な裏ワザとは?
12月は上場ラッシュ…今注目のIPO株はどのネット証券が優位?
注目の都内高級賃貸マンション5選 忘れがちな引越し時の注意点とは?

【12/2 為替展望】日本国債格下げでリスクオフの円高 本日はイエレンFRB総裁講演
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 12/2 経済:10月毎月勤労統計調査、衆議院選挙公示
NEXT カイオムがエボラ病の原因ウイルス抗体の作製に成功