トヨタ <7203> が年初来高値を更新した。

円安が進行していることを背景に、輸出関連株を中心に買いが先行している。中でもトヨタは11月のアメリカにおける自動車販売が好調。2日の発表によると、11月の米国での新車販売台数は前年同月比3.0%増の18万3346台だった。11月としてはリーマン・ショック前の2007年に記録した数字以来の高水準で、9カ月連続で前年実績を上回った。

3日の市場では前日終値7527円から買いが先行。午前9時54分には前日比151円高の7678円まで買われ、年初来高値を更新するに至っている。

【関連記事】
生命保険の節税効果と注意点…『一時払い』のデメリットに気づいていますか?
毎年10%を超えで成長する宇宙関連事業…注目銘柄5選
日経新聞や日経産業新聞が無料!?証券口座開設のお得な裏ワザとは?
12月は上場ラッシュ...今注目のIPO株はどのネット証券が優位?
注目の都内高級賃貸マンション5選 忘れがちな引越し時の注意点とは?