東京商工リサーチは8日、2014年11月度の全国企業倒産件数が、11月度としては24年ぶりに800件割れだったと発表した。

11月度の全国企業倒産の件数(負債総額1000万円以上)は736件。前年同期比14.6%減(126件減)となった。11月度としては1990年の633件以来の水準となっている。

また、負債総額は同16.2%減(224億700万円)の1154億7700万円で今年最少を記録。10カ月連続で前年同月を下回った。

業界別に見ると、建設業、製造業、不動産業など7つの産業で前年同月を下回った。一方、農・林・漁・鉱業やサービス業他、金融・保険業は前年同月を上回る結果となっている。

【関連記事】
リコール問題に内部統制の甘さ…ホンダ信頼は崩れ落ちるのか?
中国富裕層が日本商品を『爆買い』 恩恵を受ける業界は?
年末商戦に懸念?解散総選挙で悪影響を受ける『お歳暮銘柄』
日経新聞や日経各紙(産業・MJ)、四季報まで全て無料!?『情報の宝庫』を入手する裏ワザとは?
12月は上場ラッシュ...今注目のIPO株はどのネット証券が優位?