スカイマーク <9204> が急伸した。

スカイマークは航空業界の競争激化に伴い業績が悪化。加えて航空機のキャンセルに伴う違約金をエアバスから請求されている。経営を立て直すため、同社はJAL(日本航空) <9201> に提携を打診。ただ、国土交通省は公的な支援で再生した日本航空との共同運航が競争をゆがめる可能性があるとして、提携交渉に難色を示していた。

しかし、10日の報道によると、経営再建のために共同運航が必要なスカイマークはANA(全日空) <9202> にも打診を行う方針を固めたとのこと。

この報道が材料視されて株価は反発。前日終値231円から午前9時6分には前日比27円高となる258円まで買われた。

【関連記事】
スカイマーク事件と航空業界の今後の行方
中国富裕層が日本商品を『爆買い』 恩恵を受ける業界は?
毎年10%を超えで成長する宇宙関連事業…注目銘柄5選
日経新聞や日経各紙(産業・MJ)、四季報まで全て無料!?『情報の宝庫』を入手する裏ワザとは?
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは