企業名

昭和産業株式会社< 2004 >

本社所在地

〒101-8521 東京都千代田区内神田2丁目2番1号(鎌倉河岸ビル)

会社情報HP

http://www.showa-sangyo.co.jp/

設立

1936年2月18日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

日本製粉<2001> 不二製油<2607> スターゼン<8043>

沿革

1936年
昭和産業株式会社創立 本店を宮城県宮城郡多賀城村に登記。

2005年
パンの製造販売を目的に㈱スウィングベーカリーを設立。

2008年
新日本化学工業㈱と資本業務提携。

2009年
奥本製粉㈱に資本参加。鹿島、神戸、船橋の3工場及びその支援部門でISO22000認証を取得。

2011年
東日本大震災で鹿島工場・船橋工場・仙台支店被災。業界初の「レンジでチンするから揚げ粉」発売。

2012年
「中期経営計画12-16」スタート。ベトナムIntermix社へ資本参加。大成昭和食品(天津)新工場稼働。

2013年
業界初の「レンジでチンして豚こまとんカツ」発売。ショーサン上尾ビルを竣工。食品開発センターを商品開発センターに改称。

2014年
企業ブランドメッセージ「穀物ソリューション・カンパニー」を策定。セントラル製粉(株)に資本参加。

事業内容

・小麦粉、植物油、糖化製品、二次加工食品などの製造販売
・配合飼料の販売
・倉庫業
・不動産の賃貸

事業リスク

①穀物原料調達

当社グループの主要営業品目の原料である小麦、大豆、菜種、とうもろこしなどは、主に海外から調達しております。そのため、原料コストは、穀物相場ならびに為替相場、さらにはそれらを運ぶ穀物輸送船賃の変動による影響を受けます。また、国際貿易交渉(TPP等)の進展によっては、大幅な影響が発生する可能性があります。小麦については、国の麦政策に基づく売渡制度により調達していることから、その管理手法に大幅な変更があった場合は、影響を受ける可能性があります。 昨今の穀物相場に見られるような急激な変化は、当社グループの経営成績を大きく左右する可能性がありますが、その影響を最小限に抑えるべく原料価格に見合った適正な製品価格の改定や、コスト削減施策の実施などに努めております。

②製品安全

近年、食品の安全性に対する消費者の意識が高まっております。また、法律や国からの指導、安全基準についても一段と厳しくなっております。当社グループは各種安心・安全対策への投資や、製品安全委員会の活動など組織面での対策も実施しておりますが、万一異物混入や香味異常などによる製品回収の事態が発生した場合には、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。 また、BSE(牛海綿状脳症)、口蹄疫、鳥インフルエンザなどの家畜伝染病の発生による配合飼料販売への影響などは、当社グループを含む飼料畜産業界全体の経営成績に影響を与える可能性があります

③大規模災害

当社グループは、生産拠点として各地に工場を有しております。これら工場設置地域においては、安全管理体制の確立や設備補強などの災害対策は講じておりますが、当社グループの想定以上の大規模災害が発生した場合には、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。

④情報管理

当社グループでは、コンピューターシステムの安定的な運用体制の整備、情報管理の徹底、コンピューターウィルス対策などを推進しておりますが、当社グループの予想を超えたウィルスや不正アクセスなどがあった場合、情報の漏洩やシステムトラブルによる費用等が発生する可能性があります。

⑤資産運用

当社グループにおける退職給付費用及び退職給付債務の算定につきましては、割引率等数理計算上で設定される前提条件及び年金資産の時価や長期期待運用収益率に基づいているため、実際の結果が設定された前提条件などと異なる場合は、当社グループの経営成績や財政状態に影響を与える可能性があります。また、経済情勢の変化などにより、当社グループが株式を保有しております企業の倒産や株価低迷により損失を被る可能性があります。

主力サービス

①家庭用商品

食用油、小麦粉、天ぷら粉、から揚げ粉、カツ揚げ粉、お好み焼粉、たこ焼粉、ホットケーキミックス、パンケーキミックス、その他ミックス粉、パスタ、健康食品、ギフト、レンジでチンシリーズ

②業務用商品

小麦粉、プレミックス、植物油、脱脂大豆、大豆たん白、業務用天ぷら粉・から揚げ粉、業務用パスタ、コーンスターチ、ぶどう糖、異性化糖、水あめ、デキストリン、機能性オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖混合飼料、養鶏用飼料、養豚用飼料、養牛用飼料、きのこ菌床栽培用栄養体