企業名 ヤマウラ  < 1780 >
本社所在地 〒399-4195 長野県駒ヶ根市北町22-1
会社情報HP http://www.yamaura.co.jp/
設立 1960年8月
上場市場 東証1部、名証1部
決算 9月
業種 建設業
同業他社 守谷商会  < 1798 >  北野建  <1866 >  大和小田建  < 1834 >
沿革 大正9年1月 機械やボイラーの製造を主とした山浦鉄工所を創業。

昭和35年8月
山浦鉄工株式会社を設立。

昭和61年5月 株式会社ヤマウラに 社名変更。

事業内容 建設事業、エンジニアリング事業・開発事業等を主な内容とした事業活動を展 開している。建設事業では、民間での事務所・工場・店舗等の新築・増改築、 住宅・マンション等の建築工事、国・地溝公共団体等が発注する公共建築工事 を行っており、一部の公共建築物等ではデザイン&ビルド方式による一括請負 工事を行っている。また、技術部門を強化して、耐震・免震構造技術、住宅・ マンション等の新商品の開発、生産工場の生産性効率化や食品工場のハッセプ 、医療福祉施設等の技術提案型営業を通して受注を拡大している。
事業リスク ①事業環境の変化

想定を上回る建設需要の減少や主要資材価格等の急激な上昇、不動産市場にお ける需給状況や価格の大幅な変動等、建設事業・開発事業等に係る著しい環境 変化が生じた場合には、業績等に影響を及ぼす可能性がある。

②保有資産の価格変動

グループが保有している有価証券、販売用不動産及び固定資産のその他の資産 について、時価の変動などが業績に影響を及ぼす可能性がある。

③取引先の信用リスク

グループは、取引先の信用不安などが顕在化した場合には、業績に影響を及ぼ す可能性がある。

④法的規制等

グループが属する建設業界は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、国 土利用計画法、都市計画法、独占禁止法、さらには環境関連の法令等、さまざ まな法的規制を受けており、グループにおいて違法な行為があった場合には、 業績や企業評価に影響を及ぼす可能性がある。

⑤安全管理

大規模な事故や災害が発生した場合は、一時的に復旧費用、補償金等の負担が 生じ、グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス ①建設事業

ハイグレード・ローコスト賃貸マンション「ブレインマンション」、戸建賃貸 「フリック」、自由設計住宅「クレバリーホーム」、不動産マッチングソリュ ーション・リバンク

②エンジニアリング事業

制御・情報システム、環境・エネルギーシステム、橋梁構造・機械システムの 企画・設計・製作・工事

③不動産開発事業

宅地開発・分譲「ルミナスコート」・「ルミナスタウン」