企業名

三井住友建設  < 1821 >

本社所在地

〒104-0051 東京都中央区佃2-1-6

会社情報HP

http://www.smcon.co.jp/

設立

1941年10月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

前田建  < 1824 >  安藤ハザマ  < 1719 >  熊谷組  < 1861 >

沿革

三井建設株式会社の起源は、

明治20年
西本健次郎が、和歌山において土建 業西本組を創設したことに始まる。

昭和9年
合資会社西本組を設立

昭和 16年
株式会社西本組に改組。その後、三井不動産株式会社が

昭和20年
資本参加し、社名を三井建設工業株式会社と改称。住友建設株式会社の起源は、 元禄4年に開坑された住友滅子銅山において坑場等の各種設備工事や運搬道路 工事に従事していたことに始まる。

昭和25年
財閥解体の過程で別子建設株 式会社として独立。昭和37年、株式会社勝呂組を合併し、商号を住友建設株 式会社に変更。平成15年、三井建設株式会社と住友建設株式会社が合併し、 三井住友建設株式会社へ商号変更。

事業内容

土木工事及び建築工事を主な事業の内容としている。土木工事は、三井住友建 設㈱、子会社の三井住建道路㈱他が国内及び海外で、土木工事の設計、施工、 並びにこれらに関係する事業を行っている。建築工事は、三井住友建設㈱、子 会社のSMCリフォーム㈱他が国内及び海外で、建築工事の設計、施工並びに これらに関係する事業を行っている。

事業リスク

①建設投資の動向

公共投資、企業の設備投資、民間住宅投資等の建設投資動向に左右され、受注 工事高が増減し、業績に影響を及ぼす可能性がある。

②海外事業のリスク

グループでは、海外でも特にアジア地域を中心に建設工事を行っているが、そ の国の政情の変化、経済情勢の変動、現地法規制の不測の変更、為替相場の大 幅な変動等が生じた場合には、業績に影響を及ぼす可能性がある。

③市場金利の変動

金利水準の急激な上昇が生じた場合には、支払利息の増加等により、業績に影 響を及ぼす可能性がある。

④資産保有リスク

事業推進に伴い、工事代債権、事業用不動産、貸付金等の各種資産を保有して いる。取引先の信用不安や、資産価値の著しい下落等が生じた場合には、業績 に影響を及ぼす可能性がある。

⑤原材料等コスト変動

建設物の着工から完成までは長期間に及ぶものが多く、工事施工期間中の原材 料等コスト変動による利益への影響が考えられる。

主力サービス

①土木工事・建築工事

マンション大規模修繕サービス「クリエステージ」、耐震診断・耐震免震リニ ューアル、集合住宅設計システム「SuKKiTシリーズ」等