企業名

佐田建設  < 1826 >

本社所在地

〒371-0846

会社情報HP

http://www.satakensetsu.co.jp/

設立

1949年10月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

ヤマウラ  <1780 >

沿革

大正9年3月
佐田徳蔵が前橋市に土木請負業および建設材料販売を 業とする佐田組を起こしたことに始まり、佐田一郎から佐田武夫、市ヶ谷隆信 と引継がぐ。

平成20年6月
荒木 徹が社長に就任し、今日に至っている 。

昭和24年10月
佐田建設株式会社を設立。

昭和46年3月
本社所在地を前橋市 元総社町一丁目1番地の7に変更。

昭和48年11月
東京証券取引所市場第一部上 場。

平成16年10月
佐田道路㈱、㈱島田組、㈱リフォーム群馬、彩光建設 ㈱、㈱前橋機材センターの5社を連結子会社とした。

事業内容

建設事業(土木関連セグメント・建築関連セグメント)を主な内容とした事業 活動を展開。

建設工事の受注・施工及びアスファルト合材等の販売のほか、㈱前橋機材セン ターは建設資機材の賃貸事業等を行っている。

事業リスク

①受注状況のリスク

予想を上回る公共事業の削減や経済情勢の変化により民間設備投資の減少が進 んだ場合には、業績に影響を及ぼす可能性あり。

②取引先の信用リスク

建設業においては、一般的に施工物件の引渡時に未回収の工事代金が残るケー スが多いことから、工事代金の回収前に発注者が信用不安に陥った場合には、 業績に影響を及ぼす可能性がある。また、仕入先、外注先が信用不安に陥った 場合にも、業績に影響を及ぼす可能性あり。

③資材価格変動リスク

施工管理と原価管理のプロセスを強化し、コスト削減に最大限の努力をしてい るが、予想以上に工事主要材料等の調達コストが高騰した際、請負金額に反映 することが困難な場合には、業績に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①土木関連事業

第65期実績(東京都下水道局足立区島根三、四丁目付近枝線工事、都市再生機 構ひばりが丘団地(第二期)2BL基盤整備その他工事)

②建築関連事業

第65期実績((仮称)レーベン高崎C計画新築工事、(仮称)太平食品工業㈱ 本社第二工場新築工事、首都圏中央連絡自動車道 西久保JCT他2IC管理施 設新築工事)