企業名

ナカノフドー建設  < 1827 >

本社所在地

〒102-0073 東京都千代田区九段北四丁目2番28号

会社情報HP

http://www.wave-nakano.co.jp/

設立

1942年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

西松建設  < 1820 >  淺沼組  < 1852 >

沿革

中野喜三郎が明治18年に石材を主とする土木建築工事を開業した。代表的な土 木工事及び石工事は、中央線笹子トンネル、東京地方裁判所、三井銀行(現 三 井住友銀行)本店、国会議事堂及び日本橋架橋等がある。昭和8年2月に大島義 愛が事業を継承し、中野組大島事務所として独立後、株式会社中野組に組織を 変更。昭和37年9月東京証券取引所市場第二部に上場。平成3年7月に株式会 社ナカノコーポレーションへ変更後、平成16年4月株式会社ナカノフドー建設 へ変更。

事業内容

建設事業及び不動産事業を主な内容として事業活動を展開。日本及び東南アジ アでは総合建設業を、北米では不動産事業が主。

事業リスク

①国内建設市場リスク

主要な事業である国内建設事業においては、建設市場の想定を上回る縮小や主 要資材価格の急激な上昇、技能労働者の著しい減少等、事業環境に変化が生じ た場合、今後の業績に影響を及ぼす可能性あり。

②海外建設市場リスク

東南アジアを中心に海外建設事業を展開しているが、進出国の政治・経済情勢 、法制度等に著しい変化が生じた場合、今後の業績に影響を及ぼす可能性あり 。

③不動産市場リスク

東南アジアを中心に海外建設事業を展開しているが、進出国の政治・経済情勢 、法制度等に著しい変化が生じた場合、今後の業績に影響を及ぼす可能性あり 。

④工事施工等リスク

工事施工中の予期せぬ重大事故や完成物件の不具合等により、多額の修復費用 や訴訟等による損害賠償が発生した場合、今後の業績に影響を及ぼす可能性あ り。

主力サービス

①建設事業

国内では提出会社及び連結子会社2社、東南アジアにおいて提出会社及び連結 子会社 ナカノシンガポール(PTE.)LTD.他6社

②不動産事業

国内では提出会社及び連結子会社中野開発㈱他1社、北米において連結子会社 ナカノインターナショナルCORP.

③その他事業

・連結子会社 中野開発㈱にて保険代理業
・関連会社 ㈱城北シンフォニア他1社でPFI事業