企業名

奥村組 < 1833 >

本社所在地

〒545-8555

会社情報HP

http://www.okumuragumi.co.jp/index.html

設立

1938年3月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

錢高組  < 1811 >  西松建設  < 1820 >

沿革

明治40年2月
奥村太平が個人企業として土木建築請負業を創業、本店を奈良県 におき、時代の進運と事業の発展に伴い

昭和3年1月
東京支店

昭和12年2月
八幡支店を開設

昭和13年3月
株式会社に組織を変更。
ここ10年の定款に追加 された事業目的は次のとおり。土木建築その他の工事の測量、設計、請負、作 業の監督に関するコンサルティング等、公共施設並びに民間施設の維持管理、 運営及び保有等及び環境整備、資源循環、公害防止等に関する企画、調査、管 理、施工、コンサルティング、設備の設計、積算等・コンピュータによる情報 処理に関するソフトウェアの開発及び販売・労働者派遣事業。

事業内容

土木事業、建築事業、不動産事業が主。その他、コンサルティング等建設事業 に付帯関連する事業。

事業リスク

①建設投資リスク

公共投資の縮減や国内外の経済情勢の衰退による民間設備投資の縮小など、受 注環境が著しく悪化した場合、受注競争が激化することが予想され業績に影響 を及ぼす可能性あり。

②受注価格リスク

過当競争に起因して受注価格が著しく下落した場合、業績に影響を及ぼす可能 性あり。

③資材価格等リスク

主要資材或いは労務コストが高騰した際、請負金額に反映することが困難な場 合、業績に影響を及ぼす可能性あり。

④瑕疵担保責任リスク

統合マネジメントシステムを導入し施工及び品質管理の徹底に努めているが、 設計、施工等のサイクルにおいて、万一、重大な瑕疵があった場合、業績、信 用等の面に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①土木事業

提出会社及び子会社オーエステー工業㈱。第77期実績(加古川中央JCTランプ 改良工事、九州自動車道 嘉島工事)

②建築事業

提出会社及び子会社オーエステー工業㈱。第77期実績(ニトリモール相模原新 築工事、新日鉄住金エンジニアリング㈱臨海工場 建設工事)

③不動産事業

提出会社及び子会社太平不動産㈱

③その他事業

・コンサルティング等建設に付帯関連事業
事 ・子会社奥村機械製作㈱他1社が建設資機材等の製造・販売
・子会社鎌倉温水プールPFI㈱他7社がPFI事業