16日後場の日経平均株価は午前取引の一時324円安から続落、前日比330円安の1万6768円と前引けから続落で寄り付いた。

前日の欧米株式市場の株安、1ドル117円台が嫌気され、主力の輸出関連株を中心に売りが出ている。 一方で、上海株は前引け小幅続落の2975.37で午前の取引を終えている。

為替相場は、ドル円12時33分現在117.58付近。午前の取引に引き続いて117円台の円高傾向となっている。

(ZUU online)

【関連記事】
楽天証券が待望の「貸株サービス」を開始。その大きなメリットとは?
初心者にもわかりやすい…金ETFの買い方
吉野屋の牛丼値上げ…牛丼価格高騰と円安はいつまで続くのか?
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは