企業名

東鉄工業 < 1835 >

本社所在地

〒160-8589

会社情報HP

http://www.totetsu.co.jp/

設立

1943年7月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

第一建設工業  < 1799 >

沿革

昭和18年7月
国鉄の輸送力確保のため、当時の鉄道省から要請され、関東地 方の国鉄関係業者が集まり、東京都千代田区丸の内1丁目1番地に東京鐡道工 業株式会社の商号を設立した。当初は、新橋、上野、八王子、千葉、水戸、宇 都宮、高崎に支店を置き、特命契約により鉄道工事を施工していた。

昭和24 年
国鉄の発注方法が指名競争入札制度に改められたため、一般建設業者とし て再発足した。

平成17年
本社を東京都新宿区信濃町34番地に移転し、環境関連 事業を事業目的に追加。

平成24年
鉄道安全推進本部と安全・技術本部を統合 し安全・技術推進本部を、

平成25年
研究開発センターを設置。

事業内容

主として建設業に関連した事業をグループやその他関連会社とともに展開。

事業リスク

①経済状況リスク

事業活動は主として東日本地域を中心に行っており、この地域における景気の 後退、回復遅延など景気変動に大きく影響を受けるす。また、競合する他社と の受注競争の激化などにより、低採算化、収益力の低下など、グループの業績 と財務状況に影響を及ぼす可能性あり。

②資材価格高騰リスク

鋼材等の原材料が急激に高騰し、請負代金に反映させることが困難な場合には 、グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性あり。

③得意先取引リスク

売上高に占める鉄道部門のウェイトが高い状況となっており、この分野におけ る売上高は、公共交通機関等グループが管理できない要因等により大きな影響 を受ける可能性あり。また、建築部門においては、住宅需要の変化などによる 顧客企業の業績不振、予期しない契約の打ち切り、顧客の要求に応じるための 値下げにより、グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①土木事業

土木工事全般に関する、企画、設計、施工、監理等の事業。施工工事の一部を 連結子会社の東鉄メンテナンス工事株式会社及び関連会社の株式会社ジェイテ ック、株式会社全溶に発注している。主要な得意先は東日本旅客鉄道株式会社 。

②建築事業

建築工事全般に関する、企画、設計、施工、監理等の事業を行っている。施工 工事の一部を連結子会社である東鉄創建株式会社に発注。主要な得意先は東日 本旅客鉄道株式会社。

③その他事業

・商業ビル等の賃貸事業及び発電事業・水処理施設の改良等の環境事業
事 ・連結子会社の東鉄機工株式会社は保線機械の製作及び検査修繕等、興和化成 株式会社は鉄道関連製品の製造及び販売等、関連会社の株式会社日本線路技術 は鉄道関連コンサルタント事業を展開子会社奥村機械製作㈱他1社が建設資機 材等の製造・販売