企業名

矢作建設工業  < 1870

本社所在地

〒461-0004

会社情報HP

http://www.yahagi.co.jp/

設立

1949年5月

上場市場

東証1部、名証1部

決算

3月

業種

建設業

同業他社

鈴縫工業 < 1846 > 北野建設<1866 >

沿革

昭和24年5月
戦後の混乱と荒廃の中で日本の復興をめざし山田勝男は、愛知 県西加茂郡挙母町大字挙母字久保町2番地の1(現豊田市竹生町)において 、「矢作建設工業株式会社」を設立。建築工事及び土木工事の建設事業、不動 産事業等の兼業事業を展開する企業グループ。直近10年は次のとおり。

平成15 年6月
株式会社ピタコラム(現連結子会社)、

平成18年10月
地震工学技術研究 所、

平成20年4月
株式会社ピタリフォームを設立

(平成21年4月株式会社ウッ ドピタに商号変更)、

平成26年4月
株式会社ピタコラム、株式会社ウッドピタ の合併(存続会社:株式会社ピタコラム)。

事業内容

建築工事の請負並びにこれに付帯する事業の他、子会社では矢作葵ビル㈱がリ フォームに関する事業、㈱テクノサポートが建設用資機材の賃貸・販売。土木 ・鉄道工事の請負並びにこれに付帯する事業の他、子会社ではヤハギ道路㈱が 道路舗装に関する事業、ヤハギ緑化㈱が緑化工事及びゴルフ場の維持管理に関 する事業、㈱テクノサポートが補強土壁工法「パンウォール」に関する事業を 、南信高森開発㈱は、ゴルフコースを所有し、運営。不動産の売買、賃貸等の 不動産事業の他、子会社の矢作地所㈱がマンション分譲、不動産賃貸及び不動 産開発を行い、矢作葵ビル㈱が不動産賃貸及びビル・マンションの管理を行っ ている。

事業リスク

①経済・財政状況リスク

国内外の経済状況の変化に伴い、住宅を始めとする不動産投資意欲の減退や民 間設備投資の縮小・延期等が行われた場合、又は国・地方自治体による耐震補 強事業に対する施策・予算措置の執行状況などにより業績に影響を及ぼす可能 性あり。

②法的規制リスク

建設業界は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、国土利用計画法、都 市計画法、独占禁止法、環境保全関係の諸法令等により各種法的規制を受けて いる。特定建設業者として「建設業法」に基づく許可を受け、また宅地建物取 引業者として「宅地建物取引業法」に基づく免許を受けている。そのため、上 記法律の改廃、新たな法的規制の制定、適用基準の変更などにより業績に影響 を及ぼす可能性あり。

③原材料価格・労務費の高騰リスク

主要な原材料の調達についてはプロジェクト毎に行い、また、着工時には原材 料・労務の手配はほぼ完了しているが、各プロジェクト受注時点から着工まで に時間を要することもあり、その間に原材料価格や労務費の著しい高騰があっ た場合には、受注時点で予測された利益の確保が困難になる場合があり、業績 に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①建築工事事業

第73期実績(株式会社日立物流中京物流センター二期工事、プラウド星ヶ丘新 築工事、カーマ21名古屋城北店新築工事、(仮称)名古屋大原学園津校新築工事 )

②土木工事事業

・補強土壁工法「パンウォール」
・第73期実績(1号一色大橋道路建設工事)

③不動産事業

分譲マンション販売