企業名

住友林業株式会社  < 1911 >

本社所在地

〒100-8270 東京都千代田区大手町一丁目3番2号(経団連会館)

会社情報HP

http://sfc.jp/information/

設立

1948年2月

上場市場

東証1部

決算

3月末日

業種

建設業

同業他社

ミサワホーム(株) < 1722 > 東建コーポレーション(株) < 1766 >

沿革

1691年
住友家の別子銅山開坑、銅山備林経営を開始(創業)。木を中心に、 川上から川下に至るまでの事業を展開している点に特徴がある。川上の山林事 業では、日本の国土の900分の1に達する山林を保有して林業を営んでおり、国 内有数の土地所有者でもある。川中の木材・建材流通事業と川下の木造注文住 宅事業では、それぞれ国内首位の売上高を誇る。

事業内容

山林事業を礎として、木材・建材の仕入・製造・加工・販売、戸建住宅等の建 築工事請負・リフォーム、不動産の管理・仲介、分譲住宅の販売、及びそれら に関連する事業活動を、国内外において行っている。

事業リスク

1 住宅市場の動向によるリスク

景気の変動・金利の変動・地価の変動・税制の変動などにより、住宅受注が大 幅に減少する事態となった場合、業績に影響を与える可能性がある。

2 法的規制の変更に伴うリスク

住宅事業を取り巻く法規制の改廃や新たな法規制の制定が行われた場合にグル ープの業績に影響を与える可能性がある。

3 原材料市況や為替レートの変動に伴うリスク

木材・建材の流通事業において価格の低下は売上の減少をもたらすが、一方で 価格の上昇は資材の仕入れ価格の上昇を招く為、価格の急激な変動は業績に影 響を与える可能性がある。また、為替レートの変動も、海外で木質建材等を製 造販売する関係会社において、影響を及ぼす可能性がある。

4 品質保証におけるリスク

予期せぬ事情により重大な品質問題が発生した場合、影響を及ぼす可能性があ る。

主力サービス

①注文住宅

②リフォーム

③木材

5 建材

6 賃貸住宅(フォレストメゾン)