企業名

日成ビルド工業株式会社 < 1916 >

本社所在地

〒920-0396 金沢市金石北3−16−10

会社情報HP

http://www.nisseibuild.co.jp/company/index.html

設立

1961年7月

上場市場

東証1部

決算

3月末日

業種

建設業

同業他社

三井ホーム(株)  < 1868 > 東日本ハウス(株) <1873 >

沿革

1961年7月
金沢市金石に前会長故 森岡 弘、資本金100万円、従業員18名で設 立。「日成組立式ガレージ」の製造、販売を開始。

1985年
立駐事業へ進出 。

1996年
東証一部に株式上場する。

事業内容

システム建築事業、立体駐車場事業及び総合建設事業を主たる業務としていた が、不動産の開発、売買及び賃貸等に関する事業を行う開発事業を新たに開始 した。

事業リスク

1 建設資材価格等の高騰

建設資材価格や 労務単価が予想を越え大幅に上昇あるいは急激に上昇し、これ を販売価格に転嫁できない場合や自助努力により吸収 できない場合には、経営 成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

2 企業間競争の激化

景気見通しの悪化や金利の上昇等に伴う民間設備投 資の抑制、公共投資の削減 等の政策によっては更なる企業間競争の激化を招き、売上高の減少や利益率の 低下など経営成績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

3 法的規制

法律の改廃や新たな規制の新設、適用基準の変更等によっては、経営成績、財 務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

4 瑕疵責任

製品に予期しない欠陥や施工不良等が生じ、改修や損害賠償等が生じる可能性 がある。

主力サービス

1 プレハブ建築事業

プランニング~施工・アフターサービスに至るトータルサポート体制と、プレ ハブ工法、ユニット工法、独自の鉄骨パネル工法など幅広い技術で、多様化す るニーズにジャストフィットするソリューションを提供している。

2 立体駐車場事業

創業以来プレハブ建築の総合メーカーとしてハウス事業で培ったノウハウを活 かし、生産工場を有する数少ない上場メーカーとして圧倒的な販売基数を誇っ ている。