企業名

株式会社巴コーポレーション< 1921 >

本社所在地

〒104-0054 東京都中央区勝どき4−5−17 かちどき泉ビル

会社情報HP

http://www.tomoe-corporation.co.jp/info/index.html

設立

1934年6月

上場市場

東証1部、札幌

決算

3月末日

業種

建設業

同業他社

三井ホーム(株) <1868 > 東日本ハウス(株) < 1873 >

沿革

大正6年(1917年)
前身の「巴組鐵工所」創業。

平成4年(1992年)
現在の 社名に変更。 体育館など大張間構造建築のパイオニア。同社は総合建設はもと より、立体構造物、鉄塔、橋梁、鉄骨の幅広い分野で活動している。近年では 、新タワー「東京スカイツリー」の製作にも携わっている。

事業内容

子会社3社及び関連会社4社で構成され、鉄構建設事業及び不動産事業の二事 業を主な内容とし、更に各事業に付帯する事業活動を展開している。

事業リスク

1 建設市場の動向

官公庁事業、民間設備投資の減少があった場合には、企業間競争の激化等によ り、受注量、受注条件の悪化が業績等に影響を及ぼす場合がある。

2 取引先の信用リスク

工事代金を受領する前に取引先が信用不安に陥った場合、また、下請業者等が 同様の事態に陥った場合、一取引における請負金額が多額の場合も多く、業績 等に影響を及ぼす場合がある。

3 資材価格、労務費の変動

4 資産保有リスク

不動産、有価証券等の資産を保有しているため、時価の変動により、業績等に 影響を及ぼす場合がある。

5 リスク製品の欠陥

各種工事、製品において誤作、納期遅延又は瑕疵担保責任及び製造物責任によ る損害賠償が生じた場合には、業績等に影響を及ぼす場合がある。

主力サービス

1 体育館など大張間構造建築のパイオニア。

2 立体構造物、鉄塔、橋梁、鉄骨の幅広い分野で活動。

3 駅ナカ”と呼ばれている駅構内商業施設の建設工事では、工期短縮や安全性 の向上が図れるSWORD(ソード)工法を開発。