企業名

大和ハウス工業株式会社< 1925 >

本社所在地

〒530-8241 大阪市北区梅田3−3−5

会社情報HP

http://www.daiwahouse.co.jp/company/company_index.html

設立

1947年3月

上場市場

東証1部

決算

3月末日

業種

建設業

同業他社

三井ホーム(株)< 1868 >東日本ハウス(株)< 1873 >

沿革

1959年(昭和34年)
プレハブ住宅(工業化住宅)を日本で初めて世に送り出 し、住宅建設の常識を覆した。住宅(鉄骨・木質)を中心に、マンション・ア パート・リゾートホテル・ビジネスホテル・ゴルフ場などを事業展開しており 、一時期は「総合生活産業」を前面に押し出していた。

2001年4月
子会社の 大和団地を吸収合併した。2007年

(平成19年)7月
大和ハウスグループ単独 でREIT(「大和ハウスリート投資法人」)を設立、

2008年

(平成20年)5 月
東京証券取引所へ上場する予定であったが、同年6月市況の悪化に伴い上 場中止を発表した。その後2012年11月28日、東京証券取引所に上場した。

事業内容

戸建住宅、賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業 施設、事業施設及びそ の他の7事業を主として行っており、生活基盤産業への総合的な事業を展開し ている。

事業リスク

1 法的規制等に関するリスク

国内、海外を問わず、これらの法令・規制等が改廃されたり、新たな法的規制 が設けられたりとい った場合には、業績等に悪影響を及ぼす可能性がある。

2 個人情報等の漏洩等に関するリスク

情報管理の重要性の周知徹底、セキュリティ対策等を行っているが、これらの 対策にもかかわらず重要な情報が外部に漏洩した場合には、社会的信用等に影 響を与え、その対応のための多額の費用負担やブランド価値の低下により業績 等に悪影響を及ぼす可能性がある。

3 競合、事業戦略・グループ戦略に関するリスク

商品の品質や価格、サービスの内容、営業力等の観点から、競合会社との競争 において優位に立てない場合、また、企業や事業の買収、組織再編等が想定ど おりに進行せず、グループ会社間におけるシナジー 効果が期待通りの成果をも たらさないこと等により、事業戦略上想定した利益が達成できず業績等に悪影 響を及ぼす可能性がある。

4 その他のリスク

・協力会社・委託先への依存に関するリスク。 ・安全・環境に関するリスク。 ・自然災害等に関するリスク。 ・金利の上昇に関するリスク。 ・原材料・資材価格・人件費等の高騰に関するリスク。

主力サービス

① 住宅事業

② 賃貸住宅事業

③ 流通店舗事業

4 建築事業

5 マンション事業

6 環境エネルギー事業

7 海外事業