日経平均株価は、前日比69.89円高の16825.21円で午前の取引を終了した。東京為替市場、ドル円は11時32分現在116.58円付近。

米FOMC会合の結果発表を前にして、日経平均株価は調整的な値動きが続いているものの、先日から続いていた株安は一転し、前日比69円高となっている。 WTI原油先物相場は55ドル台前半で推移している。

為替相場については、午前の取引は輸入企業の買いが観測され、一時117円台を回復したが、その後再び円高に転じドル円は11時32分現在116.58円付近と円高になっている。


(ZUU online)

【関連記事】
「大韓航空ナッツ事件」…副社長の行動にみる一族経営の弊害とは?
12/17 【経済】11月貿易収支、FOMC結果発表
ソフトバンクがインドの不動産サイトへ約106億円を出資
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは