17日の日経平均株価は1万6819円と伸び悩んだ。アジア株高と、117円台の円安を受けて、一時前日比136円高の1万6891円まで続伸したが、FOMC 結果公表前の利益確定売りに押され、結局1万6819円まで押し戻された格好だ。

前日の欧米株式市場の株安や一時115円台までいった円高で下げていた日経平均株価だが、3日ぶりに中国株の上昇や117円台の円安に押され上昇した。しかし米FOMCを控えた利益確定売りなどにおされ上昇幅を縮めた。東証1部の出来高は11億8751万株、売買代金は1兆2011億円。

(ZUU online)

【関連記事】
「大韓航空ナッツ事件」…副社長の行動にみる一族経営の弊害とは?
12/17 【経済】11月貿易収支、FOMC結果発表
ソフトバンクがインドの不動産サイトへ約106億円を出資
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは