企業名

テクノアルファ< 3089 >

本社所在地

〒141-0031 東京都品川区西五反田2−27−4

会社情報HP

http://www.technoalpha.co.jp/

設立

1989年12月22日

上場市場

JASDAQスタンダード

決算

11月

業種

サービス

同業他社

ナイスクラップ<7598>、パレモ<2778>

沿革

1989年12月 半導体装置、電子材料の輸入販売及びバネ機械の輸出を目的として、テクノアルファ株式会社を東京都港区に設立
2004年9月 自社ブランド卓上型フリップチップ&ダイボンダーの販売を開始
2011年12月 株式会社コムテックを吸収合併
2012年5月 神奈川県大和市に神奈川事業所を開設
2014年1月 株式会社ケーワイエーテクノロジーズを子会社化

事業内容

1.半導体製造装置、電子材料・機器、環境機器の輸入販売
2.舶用機器の代理店販売 3.その他自社開発品の製造並びに技術サービス

パワー半導体結線装置が主体の商社。車載用強い。消耗品好採算。救命艇等も。M&Aに意欲

事業リスク

① 半導体製造装置への依存について

テクノアルファグループは、他の電子材料・機器事業及びマリン・環境機器事業並びにSI(システムインテグレータ-)事業の成長を促すため、人材の補強や新製品の投入等の施策をとっているが、半導体装置事業への依存体制の解消には数年を要するものと考えられるので、当面は半導体装置事業の主要仕入先の動向あるいは半導体製造装置の販売動向により当社グループの業績に影響を与える可能性がある。

②事業内容及ひ当社グループサービスに係わるリスクについて

半導体業界では、半導体の生産量や設備投資額の増減が周期的に現れる「シリコンサイクル」と呼ばれる景気変動の現象があり、それによって業績が左右される傾向がある。

主力サービス

①半導体製造装置・材料

ワイヤボンダ、リボンボンダ、ボールボンダ、ボンドテスタ

②基板 実装装置・材料

プラズマクリーナ、ダイボンダ、フリップチップボンダ、高輝度LED用DPCセラミック基板

③太陽電池向け関連機器

太陽電池プロセス温度測定・温度ロガー、太陽電池特性評価、太陽電池耐久試験システム