企業名

高田工業所  < 1966 >

本社所在地

〒806-8567 北九州市八幡西区築地町1-1

会社情報HP

http://www.takada.co.jp/

設立

1948年6月30日

上場市場

東証2部、福岡

決算

3月

業種

建設

同業他社

太平洋電業 <1968> 明星工業 <1976>

沿革

昭和15年
個人企業の「高田組」として創業、鉄工業の請負を開始し

昭和23 年
組織を改め、株式会社高田工業所(資本金3,000千円)として設立した。

平成15年
テンプスタッフ福岡株式会社の当社保有株を全株売却した。

平成16年
株式会社タカダインホメックス(現 株式会社インフォメックス)の株式 を一部譲渡。

平成17年
TAKADA研修センターに教育訓練用モデルトレーニン グ設備を設置した。

平成19年
超音波関連事業へ参入。

平成24年
テクニカル センター(北九州市八幡西区)を設置。

平成24年
タイにプラント建設会社  タイ・タカダ・カンパニー・リミテッド(現・非連結子会社)を設立した。

事業内容

プラント事業として鉄鋼、化学、石油、ガス、電力、原子力、海洋開発、都市 開発、自動車、通信、新素材、バイオテクノロジー、エレクトロニクス、ガラ ス、食品、医薬品、物流などの各種産業設備及び水処理、廃棄物処理その他公 害防止設備などに関する設計、製作、据付、配管、電気、計装及び保全・修理 事業、並びにこれらに関連する事業を行う。

事業リスク

①受注価格下落のリスク

関連するプラント業界においては、国内の経済変動や国際情勢に大きく影響を 受けやすい傾向にあるため、景気が低迷した場合には、国や企業の設備投資の 抑制や受注競争激化に伴う、受注価格の下落などにつながり、業績に影響を及 ぼす可能性がある。

②資材価格変動のリスク

原材料の価格が高止まり傾向にある中、価格がさらに予想を超えて高騰した際 、それを工事金に反映することが困難な場合には、業績に影響を及ぼす可能性 がある。

③製品欠陥のリスク

品質管理には万全を期しておりますが、瑕疵担保責任及び製造物責任による損 害賠償が発生した場合には、業績に影響を及ぼす可能性がある。

④労働災害のリスク

安全対策には万全を期しているが、労働災害が発生した場合には、業績に影響 を及ぼす可能性がある。

⑤取引先の信用リスク

工事金を受領する前に取引先が信用不安に陥った場合には、業績に影響を及ぼ す可能性がある。

主力サービス

①製鉄プラント

製鉄関連設備の設計技術、据付、配管工事などの施工技術、そして継続的なプ ラントメンテナンスまで、プロジェクトを綿密に管理し、蓄積された技術とノ ウハウを融合して、各地に広がった拠点から効率的でスピーディな一貫したサ ポートを提供。

②化学プラント

定期的な整備・補修・交換を行い、設備・機器のトラブル時にはお客様と一体 となって原因を調査し、対策を検討し、対応。

③石油・天然ガスプラント

石油精製プラントや液化天然ガスプラントなどの配管をはじめ、適切で特殊な 施工技術とプラント管理を通して、高効率で信頼性の高いプラント建設に貢献 。

④エレクトロニクス

設計から現地立ち上げ、アフターメンテナンスまでの一貫施工システムと国内 トップレベルを誇る充実したクリーンルーム(国内6カ所、海外2カ所)、自動 溶接機、検査機器等の設備と全国ネットの施工体制でこれらのニーズにタイム リーに対応。

⑤装置事業

SiC基板、セラミック基板、ガラス基板など難切材の高速切断を可能とする超 音波カッティング装置を始め、LEDやMEMS、化合物半導体向けの枚葉式ウェ ット処理装置など、顧客の用途・ニーズに合わせ先進的な装置技術を提供。