企業名

太洋基礎工業株式会社< 1758 >

本社所在地

〒454-0871 愛知県名古屋市中川区柳森町107 太洋ビル1階

会社情報HP

http://www.taiyoukiso.co.jp/

設立

1967年5月1日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

1月

業種

建設業

同業他社

ソネック<1768> ナカボーテック<1787> 高田機工<5923>

沿革

昭和42年
土木請負業目的として、太洋基礎工業株式会社を名古屋市中村区烏 森町1丁目98番地に資本金2,000千円で設立

平成16年
日本証券業協会への店頭登録を取り消し、株式会社ジャスダック証 券取引所に株式を上場

平成19年
岐阜営業所(岐阜県可児市)、津島営業所(愛知県津島市)を新設

平成22年
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券 取引所(JASDAQ市場)に株式を上場
大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市 場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上 場

平成24年
金沢営業所(石川県金沢市)を新設
東北営業所(宮城県仙台市)を新設

平成25年
機械事業本部を神守研究開発センターへ改称
株式会社テノックスと資本提携

平成26年
九州支店(福岡県福岡市)を新設
経営合理化のため明和地研株式会社を清算

事業内容

上下水道、電気・ガス管路、河川、道路等の一般土木工事のほか建築工事など 幅広い分野にわたり主に地盤補強や管路工事等の特殊土木工事を行っています 。

事業リスク

①官公庁への依存について

特殊土木工事、住宅関連工事等の土木工事を事業としており、その受注の概 ね45%が官公庁の施工です。そのため、当社の業績は国の整備計画等の長期計 画に基づく支出に加え、財政再建からなる財政政策の影響を受ける可能性があ ります。

②特定取引先への依存度について

積水ハウス株式会社とその関連企業への売上高が完成工事高のうち40%前後 となっています。このことは培ってきました地盤改良工事における技術力と、 永年にわたる同社との信頼関係によるものです。同社への売上高の依存度は高 くなっていますが、継続的かつ安定的な取引先として業績に大きく寄与してい ます。

③労働災害時のリスク

建設現場においては安全管理に万全を期していますが、重大な労災事故が発 生した場合、発注者から指名停止等の処分を受け、業績等に影響を及ぼす可能 性があります。

④法的規制等について

建設業法をはじめこれらの関連法律の規制を受けており、法律の改正や新た な規制等により、財政状態及び業績に少なからず影響するものと思われます。

主力サービス

・地中連続壁
TRD工法
・杭抜き工法(新工法)
ヒロワーク工法
・推進工
オープンセミシールド推進工法、BOX推進工法、オープンシールド工法 、DKIシステム、エスエスモール工法
・地盤改良工法(薬液注入工)
スリーブ注入工法、エキスパッカー工法、超多点注入工法、スーパーグラウ ト工法
・地盤改良工法(高圧噴射)
超高圧噴流工法、RJP工法、MJS工法
・地盤改良工法(機械撹拌)
CDM-Land4工法、CDM工法、地中拡幅式混合処理工法、JST工法、TSC工 法
・排水工法
ウエルポイント工法
・住宅基礎補強関連工事
既設建物基礎補強方法、すいへいくん、TDM工法、建物用オーガ付鋼管杭 工法、建物用柱状地盤改良工法
・補修工事
ザイペックス工法、(スーパー)スナップロック、パルテムSZ工法
・ アンダーピニング
アンダーピニング工法
・トンネル型駐車場
トンネル型駐車場
・立坑築造
PIT工法
・土壌・地下水環境
土壌・地下水浄化技術
・一般土木
一般土木
・その他
井戸工事
太陽光発電システム