企業名

株式会社A.C ホールディングス< 1783 >

本社所在地

〒107-6327 東京都港区赤坂五丁目3番1号 赤坂Bizタワー27F

会社情報HP

http://www.ac- holdings.jp/

設立

1950年8月1日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

9月

業種

建設業

同業他社

麻生フオームクリート<1730> マサル<1795> エプコ<2311>

沿革

1950年
土木建築工事の設計監督請負を目的として、大阪府大阪市城東区蒲生 一丁目63番地に南野建設株式会社を設立。(資本金1,000,000円)

2006年
株式会社A.Cファイナンス(連結子会社)、株式会社A.Cインターナショ ナル(現連結子会社)、株式会社A.Cインベストメント(連結子会社)を設立。
有限会社広島紅葉カントリークラブ(連結子会社)、株式会社シェイクスピアカ ントリークラブ(連結子会社)を設立。
株式会社A.Cホールディングスを存続会社とする株式会社A.Cインベストメント の吸収合併。
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が有限会社ランデヴーの株式を 取得、子会社化。
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が株式会社米山水源カントリー クラブの株式を取得、子会社化。
南野建設株式会社(現連結子会社)が宅地建物取引業免許を取得。
東京都港区芝公園一丁目6番8号に本店を移転。

2007年
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が姫路相生カントリー クラブの営業開始。
東京都港区芝大門一丁目2番1号に本店を移転。
宅地建物業取引免許を取得。

2008年
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が株式会社ランデヴー の全株式を譲渡。
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)を存続会社とする株式会社シェ イクスピアカントリークラブ、株式会社米山水源カントリークラブおよび株式 会社広島紅葉カントリークラブの吸収合併。
南野建設株式会社(現連結子会社)を存続会社とするナンテック株式会社の吸収 合併。

2009年
吸収合併。
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が株式会社ワシントン(現連結 子会社)の株式を取得、子会社化。
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)が福島空港GOLF CLUBの営業 開始。
株式会社福島空港GOLF CLUB(連結子会社)を設立。

2010年
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取 引所JASDAQ(スタンダード市場)(現東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に 上場。

2011年
株式会社A.Cインターナショナル(現連結子会社)を存続会社とする株式 会社姫路相生カントリークラブの吸収合併。

2013年
株式会社福島空港GOLF CLUBの清算結了。
東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)に上場。

2014年
東京都港区赤坂五丁目3番1号に本店を移転。

事業内容

持株会社としてグループを統括する管理運営、投資事業等

事業リスク

①M&Aについて

美容の拡大を図る一つの手段として、M&A戦略を推進しています。M&Aを 行う場合は、その対象企業の経営内容や財務内容等について厳密にデューデリ ジェンスを行うことにより、買収によるリスクを極力回避することが必要と認 識しています。しかし買収した企業が当初想定した利益が出ない場合や取得時 に予測できなかった偶発債務などが顕在した場合には、業績に影響を与える可 能性があります。

②天候不順・個人消費

ゴルフ・リゾート事業は、天候及び個人消費動向等の景気変動の影響を受け ます。予想外の景気変動が生じ、個人消費が低迷した場合や台風・降雪等想定 以上の天候不順や地震等の自然災害が発生した場合には、業績に悪影響を及ぼ す可能性があります。

③証券投資について

市場性のある株式及び市場性のない株式を保有しています。市場性のある株 式については株価が著しく下落した場合、市場性のない株式については、その 企業の業績が悪化し評価額が著しく下落した場合には減損処理が発生するため 、業績に影響を及ぼす可能性があります。

④不動産市場について

不動産販売事業は、地価変動や競合他社の供給動向・価格動向の影響を受け やすく、また景気悪化、金利上昇、不動産関連税制の変更など経済情勢の変化 があった場合には、保有資産等の価値が減少する可能性があり、これは業績に 影響を与える可能性があります。

⑤訴訟等について

多種多様な事業を行っている関係上、業務を遂行するうえでトラブル等の発 生に起因する訴訟が発生する可能性があります。
また、もし重要な訴訟等が提起された場合には、A.Cホールディングスの主 張と相違する結果となるリスクがあります。 不利益な判断が下された場合には、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロ ーの状況に重大な影響を及ぼす可能性があります。

主力サービス

①ゴルフ・リゾート事業

スポーツ施設、リゾート施設の企画運営を行っています。

②建設事業

推進工事(都市トンネル)を主とした一般土木工事全般に携わっています

③リアルエステート事業

不動産市況を慎重に見極めながら、自己保有資産の活用並びに収益が見込め る物件への投資を行っています。

④ファイナンス事業

ゴルフ場管理機器、専用カート及び車両等のリースを中心に展開しています 。