ソフトバンク <9984> グループのアイティメディア <2148> は17日、リクルートホールディングス <6098> から法人向けIT製品選定サービスであるキーマンズネット事業を、2015年4月1日をもって譲り受けることで合意に至ったと発表した。

アイティメディアはIT関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。同社はキーマンズネット事業を譲り受け、従来のサービスを継続して提供するとともに、独自のサービスと商品を組み合わせることでユーザーにより多くの選択肢を提供していく。

今後はアイティメディアが展開する『TechTargetジャパン』と合わせ、2020年度に30億円の売上を目指す。

なお、この一報を受けてアイティメディアの株価は急続伸。前日終値815円から、午前9時41分には前日比150円高となる965円まで買われ、ストップ高を記録している。

【関連記事】
「大韓航空ナッツ事件」…副社長の行動にみる一族経営の弊害とは?
2015年日本経済見通しは明るい…内需の下支えと好調な米国経済が牽引!
中国富裕層が日本商品を『爆買い』 恩恵を受ける業界は?
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは