企業名

白鳩< 3192 >

本社所在地

〒612-8418 京都市伏見区竹田向代町21

会社情報HP

https://www.shirohato.co.jp/

設立

1974年8月20日

上場市場

1JASDAQスタンダード

決算

8月

業種

サービス

同業他社

フェリシモ<3396>、フェヴリナホールディングス<3726>

沿革

昭和49年8月 株式会社白鳩設立
平成16年12月 インターネットショッピングモール「楽天市場」「メンズインナーADIEU」出店
平成26年2月 本店グローバル店(自社サイト)開店
平成26年4月 東京証券取引所JASDAQ市場へ上場
平成26年9月 インターネットショッピングモール「Qoo10 - Singapore」(シンガポール)に出店

事業内容

女性中心の下着をネット通販で展開

取扱いアイテム数は、レディス、メンズ合計で約11,000品番ある。取扱いブランド数においても、国内と海外を含め80ブランドをラインアップしている(平成26年2月末現在)。また、白鳩では、本社及び配送センターで商品仕入れからサイト運営、物流までの複雑多岐にわたる業務をすべてワンストップに行っており、Eコマース運営で必要となるインフラも取り揃えた「ワンストップ・エコ(便利)システム体制」を構築している。

事業リスク

①クレーム対応について

白鳩には一日に300件近くの様々なメールが顧客から届く。この大量のメールの中から、クレーム対応が必要なものなど、優先順位の高いメールを標題や本文を対象とした検索機能を使ってピックアップし、当日中に対応しているが、その対応が遅れた場合もしくは対応内容に不備があった場合、顧客のイメージダウンにつながり売上に大きく左右される可能性がある。

②事業内容及び当社グループサービスに係わるリスクについて

同社が取り扱っている品目数は88,000点数となる。これだけの品目数を一部はバーコード無しで仕入し、在庫を管理しつつ、9時までの受注は当日発送というスピードで、間違いなく発送しなければならない。そのためには、インナーウェアという商品特性に特化した仕組みを構築しなければ対応は不可能。今後もそのスピード発送においても顧客との信頼関係を築くことが求められる。

主力サービス

①オンラインショッピング PCサイト

PC、スマートフォン、携帯公式(docomo/au/softbank)サイトの他、「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」・「Amazon.co.jp」・「DeNAショッピング」・「Qoo10」等

②実店舗

アバンティ店

③SNS展開

Facebook、Twitter