企業名

エストラスト< 3280 >

本社所在地

〒751-0816 山口県下関市椋野町3丁目12番1号

会社情報HP

http://www.strust.co.jp/

設立

1999年1月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

不動産業

同業他社

アイディホーム<3274>、 ハウスコム<3275>、 日本管理センター<3276>

沿革

1999年3月不動産分譲事業を目的として、会社設立(山口県下関市彦島江の浦町)
2001年8月本社を山口県下関市山の田東町へ移転
2009年1月本社を山口県下関市椋野町へ移転
2012年11月東京証券取引所マザーズ市場へ株式上場
2014年8月東京証券取引所市場第一部へ市場変更

事業内容

エストラストグループは、㈱エストラスト及び連結子会社1社(株式会社トラストコミュニティ)で構成されており、山口県及び九州の主要都市を中心に、主に不動産分譲事業を展開している。事業用地の仕入れを行い、分譲マンション及び分譲戸建てを企画開発し、エンドユーザーに提供している。株式会社トラストコミュニティにおいては、完成後のマンションの管理組合より建物管理業務を受託する不動産管理事業を行っている。また、㈱エストラスト及び株式会社トラストコミュニティにおいては、不動産賃貸事業として優良な収益物件を厳選して取得しており、安定的な賃料収入を確保している。

事業リスク

①有利子負債への依存について

有利子負債依存度が高い水準にあり、事業拡大に伴い有利子負債は高い水準で推移するものと想定され、資金調達が十分に実行できない場合や金利が上昇した場合には、グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

②引渡時期による業績変動について

グループの主力事業である不動産分譲事業は、契約時ではなく顧客への引き渡しをもって売上を計上する引渡基準を採用しており、天災やその他予想し得ない事態の発生による建築工事の遅延や、不測の事態の発生による引渡の遅延があった場合には、グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

③瑕疵担保リスクについて

施行会社の財政状態が悪化又は破綻するなどにより、施行会社が追うべき瑕疵の担保責任が履行されない場合には、グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

④土地仕入時において予想できないリスクについて

事業用地の取得に際して、用地取得時には予想がつかない地中障害や近隣保障費等が発生した場合、プロジェクトの工程に後れをきたすと同時に、追加費用が発生した場合には、グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

⑤建築工事費(建築資材・部材価格を含む)などの動向について

国内外の経済情勢等の影響により建築資材費等が高騰した場合には、基本的に分譲マンションの販売価格に転嫁することから、これらの価格の動向が販売活動に影響した場合には、グループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

不動産分譲96%、不動産管理1%、不動産賃貸1%、他2%