東芝 <6502> は19日、グループ会社のウェスチングハウス社がフランス電力公社から原子力発電所向けの取替燃料を受注したと発表した。

2014年で満了するウェスチングハウス社とフランス電力公社の燃料供給契約を継続する。具体的な契約期間は明らかにされていないが、長期契約となる。

ウェスチングハウス社は世界中に燃料供給を行っている。今年度は4月にウクライナ・エネルゴアトム社南ウクライナ原子力発電所向けの取替燃料を受注。他にもスウェーデン・バッテンフォールグループ・フォルクスマルク原子力発電所、リングハルス原子力発電所、スウェーデン・OKG社オスカーシャム原子力発電所、フィンランド・TVO社オルキルオト原子力発電所などに取替燃料などを納入している。2014年度の取替燃料の累計受注金額は2000億円以上に上る。

この実績が評価され、フランス電力公社からの受注に至った。

(ZUU online)

【関連記事】
「大韓航空ナッツ事件」…副社長の行動にみる一族経営の弊害とは?
1,000円程度からスタートできる資産運用、純金積み立て
中国富裕層が日本商品を『爆買い』 恩恵を受ける業界は?
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
外貨両替手数料が1/100??海外旅行者必見の両替節約術とは