企業名

丸尾カルシウム <4102 >

本社所在地

〒674-0084 兵庫県明石市魚住町西岡1455

会社情報HP

http://www.maruo-cal.co.jp/

設立

1948年11月18日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

化学工業

同業他社

積水化学工業<4204>DIC<4631>

沿革

大正15年、兵庫県明石市に丸尾儀兵衛(五代)を代表社員として丸尾製粉合資 会社を設立、塗料原料である白亜の製造販売を開始。
昭和38年、商号を丸尾カ ルシウム株式会社と改称。
平成15年、中国に丸尾(上海)貿易有限公司(現連 結子会社)を設立。
平成17年、神戸本部を本社へ移転統合。
平成19年に中国に 東莞立丸奈米科技有限公司(現連結子会社)を設立した。

事業内容

塗料原料、ゴム・合成樹脂の補強充填剤、薬品及び食品添加用などの用途向けの各種炭酸カルシウムの製造販売を主たる事業とする。

事業リスク

①原料の調達について

調達する原料には特定少数の仕入先からしか入手できないものがあり、また、海外からの調達等のため、仕入先の国の政治・経済や為替動向により仕入量及 び単価が大きく変動し、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

②知的財産権の保護について

他社製品との差別化を図るために独自の技術開発と知的財産権の保護に努めて いるが、第三者による知的財産を使用した類似製品の製造販売を完全に防止で きないことや、製品が他社の知的財産権の侵害をしていると判断されることが 生じた場合、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

③貸倒れリスクについて

売上債権管理として与信年齢調べ、回収条件の厳正運用、引当金の設定などを 行い、不測の事態に対応すべく努力しているが、取引先の信用不安などによる 予期せぬ貸倒れにより経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

④製品の品質と責任について

顧客に信頼されるべく品質第一に製品開発を行い、国際的な品質管理システム に則り製品を設計、製造している。また、生産物責任賠償保険に加入している が、これらを超える重大な品質トラブルが発生した場合、会社および製品への 信頼を失う恐れがあり、経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある 。

⑤事故及び災害について

事故及び災害による製造設備の停止を防止するため、設備点検の実施、安全装 置、消火設備の充実などを実施する一方、生産拠点の分散を図るなど製品の安 定供給体制整備に努めている。しかし予想を上回る大規模な産業事故、大規模 災害などによる製造設備の損壊を被るような事態が発生した場合、経営成績及 び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①コロイド・軽質炭酸カルシウム

塗料用、プラスチック用、シーラント用、食品用

②乾式・湿式重質炭酸カルシウム

無処理品、表面処理品

③その他の無機薬品

タルク、クレー