企業名

株式会社リンクアンドモチベーション< 2170 >

本社所在地

〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-3 銀座オーミビル

会社情報HP

http://www.lmi.ne.jp/

設立

2000年3月27日

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

サービス業

同業他社

セコム上信越<4342> オプテックス<6914> MUTOHホールディングス<7999>

沿革

平成12年
株式会社リンクアンドモチベーションを資本金50,000千円で東京都中央区銀座六丁目に設立。

平成16年
社員の福利厚生充実、採用力の向上のため、株式会社リンクダイニ ング(飲食業)を設立し、有限会社シーエーピーよりワインレストラン寓の営業を譲受(事業譲受)。プレイスマネジメント事業の強化を目的とした特定建 築業者の許認可取得のため、株式会社リンクプレイスを設立。

平成17年
プライバシーマークを取得。

平成18年
東海圏への商圏拡大のため、愛知県名古屋市中村区にサテライトオ フィス開設。同地区におけるエントリーマネジメント事業・モチベーションマ ネジメント事業の営業を強化。

平成19年
東京証券取引所市場第二部へ株式上場。

平成20年
東京証券取引所市場第一部に指定変更。

平成21年
IR戦略コンサルティングをワンストップで提供する株式会社リンク コーポレイトコミュニケーションズ(旧株式会社リンクインベスターリレーショ ンズ)を設立。各事業のシナジー向上と管理コストの削減を目的として、連結子 会社の株式会社リンクアソシアを株式会社リンクアンドモチベーションに、連 結子会社の株式会社イーニュース及び株式会社日本インベスターズサービスを 連結子会社の株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズに、連結子会 社のワークスリアルター株式会社を連結子会社の株式会社リンクプレイスにそ れぞれ吸収合併。エントリーマネジメント事業に、デジット株式会社の新卒採 用支援のサービスを加えることにより、顧客企業に対するワンストップなサー ビスを強化するため、デジット株式会社の株式を90%取得し、連結子会社化。 当社のモチベーションエンジニアリング技術を用いて、チームのファンづくり をより一層強化することで、当社の認知・ブランドを向上させるため、株式会 社リンクスポーツエンターテインメント(旧株式会社ドリームチームエンターテ インメント栃木)の株式を取得し、100%子会社化。モチベーションマネジメン ト事業に会場手配等の各種アウトソースサービスを加えることにより、ワンス トップなソリューションの提供を可能とするため、株式会社リンクイベントプ ロデュース(旧株式会社リンクツーリスト、旧株式会社ミヒロツーリスト)の株 式を取得し、100%子会社化。

平成22年
エントリーマネジメント事業における、株式会社リクルートとの新 卒者採用領域についての業務委託契約を解消。当社が有するモチベーションタ イプ診断や社会人・大学生に変革の機会を提供する研修ノウハウと、株式会社 栄光が保有する進学指導・教科学習指導・教室運営ノウハウを融合し、顧客の ニーズに対応した、全く新しい教育サービスを展開していくため、株式会社栄 光と業務提携契約を締結。モチベーションエンジニアリングを取り入れた学習 塾の運営を中心とした教育事業を推進する株式会社モチベーションアカデミア を設立。エントリーマネジメント事業における顧客企業に対するワンストップ サービスの更なる強化を図るべく、連結子会社のデジット株式会社を株式会社 リンクアンドモチベーションに吸収合併。

平成23年
学生を大学入学時から育成して企業の求める人材を動員するという 新たなビジネスモデルを形成するために、株式会社リンク・アイ(旧株式会社レ イズアイ)を設立。モチベーションエンジニアリングをBtoCビジネスへと積極的 に展開するために、全国にPCスクールを展開する株式会社リンクアカデミー( 旧株式会社アビバ)の株式を取得し、100%子会社化。

平成24年
当社グループから独立した経営体制に移行するため、株式会社リン クプレイスの全株式を譲渡。事業上のメリットがお互いに減少したと判断し、 株式会社栄光との業務提携契約を解消。企業のグローバル進出を支援するサー ビス展開を拡張するため、株式会社リンクグローバルソリューション(旧株式 会社インテック・ジャパン)の株式を取得し、100%子会社化。営業・販売支 援サービスを強化するため、株式会社リンク・マーケティング(旧株式会社セ ールスマーケティング)の株式を取得し、100%子会社化。学習塾領域の更な る展開のため、株式会社アヴァンセの株式を取得し、100%子会社化。学習塾 領域におけるシナジー向上と管理コストの削減を目的として株式会社モチベー ションアカデミアが株式会社アヴァンセを吸収合併。採用・動員支援(EM領域) のクリエイティブ機能の強化のため、株式会社フリーポートの株式を取得し 、100%子会社化。当グループ内でのクリエイティブ機能強化のため、株式会 社リンクコーポレイトコミュニケーションズが株式会社フリーポートを吸収合 併。

平成25年
スクール領域の拠点展開・サービス展開を拡大するため、大栄教育 システム株式会社の株式を取得し、100%子会社化。インキュベーション事業 推進室を設置し、株式会社リッチメディア・株式会社うちナビに出資。総合的 なキャリアスクールによる個人のキャリアニーズへの対応、また両社の拠点や マーケティング費用など重複機能のスリム化によってコスト削減を図るため、 株式会社アビバが大栄教育システム株式会社を吸収合併し、株式会社リンクア カデミーに社名変更。

事業内容

・モチベーションエンジニアリングによる企業変革コンサルティング
・モチベーションマネジメント事業(人事・教育支援)
・エントリーマネジメント事業(採用・動員支援)

事業リスク

①個人情報漏洩等が発生した場合の影響について

当企業グループは事業特性上、ビジネス部門・コンシューマー部門共に多数 の個人のお客様情報をお預かりしております。こうした個人情報の取扱いにつ きましては、平成15年5月に個人情報保護法が公布・施行されたのに続き、平 成17年4月に完全施行されたことにより今後更に取扱いに注意が必要となりま す。当社は、平成17年2月にプライバシーマークを取得して以降、プライバシ ーマーク更新のための監査に対応しつつ、個人情報の取扱いに関する社内の整 備、定期的な社内研修を実施し、情報管理の強化とその取扱いに十分な注意を 払ってまいりました。しかしながら、不測の事態が原因で個人情報が外部に漏洩し、情報主体ないしは顧客企業等に被害が生じた場合、損害賠償請求や社会 的信用の失墜等により、当企業グループの業績および財務状況が影響を受ける可能性があります。

②知的財産権が侵害された場合の影響について

当企業グループの事業においては、ビジネス部門・コンシューマー部門共に 著作権・商標権などの知的財産権の確保が事業遂行上重要になります。当企業 グループでは、商標権の取得や著作権の明示等、更には自社ブランドの確立及 び堅持によってできる限り自身が開発した独自の技術・ナレッジ・ノウハウな どの保護・保全に努めておりますが、悪意性の高い第三者によるサービスの模 倣がなされた場合、当企業グループの営業展開に支障をきたし、業績や財務状 況に影響を及ぼす可能性があります。

③特定の人物への依存について

当社の代表取締役である小笹芳央は、当社の創業者であり、創業以来代表取 締役を務めております。当社におきましては、優秀な人材の採用・育成を始め 、サービスの標準化等を推進することにより、一個人の属人性に依存すること のない組織的な事業経営体制を構築しておりますが、現在の当企業グループ全 体のブランド形成という側面におきまして、同氏は重要な役割を果たしており ます。当該側面におきましても組織的な形成を実現すべく、新たに坂下英樹を 代表取締役社長に選任する等の体制強化を図っておりますが、何らかの理由に より小笹芳央が当社の業務を継続することが困難となった場合、当社の事業推 進等に影響を与える可能性があります。

主力サービス

①モチベーションマネジメント事業

・組織診断「モチベーションサーベイ(会社版・職場版)」 ・職場診断「LINKサーベイ(職場版)」 ・階層別研修 ・テーマ別研修 ・人材育成コンサルティング ・組織風土コンサルティング ・シェアリングイベント(総会・周年等) ・人事制度コンサルティング ・モチベーションカンパニークラブ

②インキュベーション事業

・「モチベーションカンパニー創り」に向けた支援

③エントリーマネジメント事業

・内定者・辞退者調査 ・新卒紹介サービス ・AJE(Asian Job Express) Selection ・動員サービス ・採用戦略・イベントコンサルティング ・リクルータートレーニング ・採用ツール制作 ・ビジネス適性テスト「BRIDGE」 ・面接官トレーニング ・内定者研修「GATE」 ・採用実務アウトソーシング