企業名

ランシステム< 3326 >

本社所在地

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル

会社情報HP

http://www.runsystem.co.jp/

設立

1991年11月7日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

6月

業種

サービス

同業他社

アドアーズ<4712>、コシダカHD<2157>

沿革

1988年埼玉県狭山市狭山台3丁目17番地の9に有限会社ランシステムを設立。
1991年資本金を10,000千円に増資し有限会社ランシステムを株式会社ランシステムに組織変更。
2006年100%出資子会社「株式会社グローバルファクトリー」を設立。
株式会社グローバルファクトリーが株式会社マルカワより、事業の一部を譲受ける。
東京都豊島区に「東京本社」を開設し、本社機能を移転2010年株式会社グローバルファクトリーを吸収合併。
2013年資本金を803,314千円に増資。
株式を1株につき100株の割合で分割。
東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ市場に株式を上場。

事業内容

複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」等の経営をメイン事業としており、お客様に楽しい時間・快適な空間を提供。

事業リスク

① 競争の激化について

複合カフェ業界は、業態の認知度向上につれて、多くの新規参入企業の出店により市場規模が急速に拡大していたが、今後は落ち着いて推移していくことが予想される。今後も出店を推進し、店舗網を拡大できると考えているが、地域によっては競合店との競争の激化による業績の低下や低迷により、店舗の撤退や移転を選択する場合がある。このような場合、それに伴い発生する費用や減収は業績に影響を与える可能性がある。

② 人材の確保及び育成について

複合カフェの基本的営業形態は、年中無休かつ24時間体制である。このため営業時間中にはアルバイトスタッフを中心に運営する時間帯があり、充分な接客サービスが行えない可能性がある。そのため、サービスレベルの向上に向けた教育体制を構築し、レベルの確保に努めている。また、急速な店舗数の増加に対して定期的・計画的に従業員の募集を行っており、現在のところスタッフ不足等の問題は発生していない。しかしながら、今後の店舗数の増加によっては、店舗の管理を行う店長やフランチャイズ加盟店の指導を行うスーパーバイザーについて、優秀な人材の確保ができない場合、出店ペースに影響を与え、業績に影響を与える可能性がある。

③ 著作権について

店舗において、顧客サービスの一部として設置・提供している。テレビゲームやDVD、コンピュータにインストールされたソフトウェア等については、著作権法でその権利が保護されている。このため、使用しておりますこれらのソフトウェアは、著作権者から業務用としての利用の許諾を受けたものだけを使用している。また、同じく店舗にて提供しております、漫画や雑誌等につきましても、著作権法上の著作物に該当するが、事業におけるこれらの提供は、同一店内での利用に限られており、現時点では貸与行為にあたらないと解釈されている。しかしながら、今後の法改正や著作権者側との何れかの取り決めが行われると、業務利用が出来なくなったり、許諾料等の支払いが必要となった場合、業績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

① 店舗運営事業事業

複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」

② その他事業

・不動産事業業務