企業名

日本ピグメント < 4119 >

本社所在地

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア

会社情報HP

http://www.pigment.co.jp/

設立

1949年7月11日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

化学工業

同業他社

日本ペイント<4612>大日精化工業<4116>

沿革

大正14年、輸入顔料工業薬品の販売を目的として三輪商店を設立。
昭和8年、 顔料国産化の目的をもって東京都板橋区に東京工場を設置した。
昭和24年、日 本ピグメント株式会社に改組。
平成11年に鎌ヶ谷工場を閉鎖。また同年 、Nippon Pigment Bangkok Co., Ltd.、Nippisun Management, Inc.を清算。
平成 14年、Nippisun, Inc.およびNippisun Indiana Corp.を清算。
平成18年、中国天津 市に天津碧美特工程塑料有限公司を設立(現・連結子会社)。
平成26年、東京都 千代田区神田錦町に本店及び東京支店を移転。

事業内容

樹脂コンパウンドおよび樹脂用(プラスチック用)、塗料用、繊維用などの各種 着色剤の製造販売を主とする事業活動を展開する。

事業リスク

①経済状況について

事業は、製品の最終用途で見れば自動車、家電、情報機器関連、OA機器向け などが中心となる。こうした自動車、家電など大型耐久消費財は、国内および 事業展開する海外各地域の経済状況の影響を受ける。このため、景気後退およ びそれに伴う需要の縮小は、業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ る。

②特定事業への依存

売上げの約8割を樹脂コンパウンドに依存している。また、樹脂コンパウンド については、顧客樹脂メーカーからのOEMによる生産が主体となっている。こ のため、顧客樹脂メーカーの販売不振、値下げ要請、調達方針の変化などは、 業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

③国内市場の縮小と価格競争

当業界においては、主要ユーザーの東南アジア・中国等への生産拠点移転等に より、国内市場は伸び悩み傾向にあり、価格競争も厳しい状況である。このた め、今後も主要ユーザーの海外への生産拠点移転等が加速すれば、国内市場の 縮小および価格競争により、業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ る。

④原油価格やレアメタル市場の変動について

原油価格の大幅な上昇やレアメタル市場の大幅な変動に伴う、次のようなリス クにより業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。原材料調達費用が 上昇した場合、エネルギーコストが上昇した場合、プラスチック製品の価格上 昇に伴い、需要が停滞した場合、特定着色剤の調達が困難になった場合。

⑤財務内容について

財政状態、キャッシュ・フローおよび経営成績は、次のような変動リスクによ り、悪影響を及ぼす可能性がある。中長期的な経済動向により、計画された事 業活動を達成できない場合、金利の上昇により、有利子負債にかかわる支払利 息が増加する場合、株式市場の大幅な下落により、保有有価証券の評価減が発 生する場合、年金資産の期待収益等が目標に達しない場合、急激な外国為替レ ートの変動により、在外連結子会社の財務諸表項目の邦貨換算結果に大きな変 動が生じた場合。

主力サービス

①ピグメントカラー

無機顔料、有機顔料、染料

②インキ・塗料

紫外線硬化型塗料、壁紙用インキ、捺染用インキ、合皮用インキ、熱転写用イン キ

③高分散型液体分散体

油性タイプ、水性タイプ

④樹脂用着色剤

・加工顔料:ドライカラー、ビーズカラー、ペーストカラー
・汎用性マスターバッチ:射出成形用マスターバッチ、ブロー用マスターバッチ 、フィルム・シート用マスターバッチ
・機能性マスターバッチ:遮光性マスターバッチ、導電性マスターバッチ、紫外 線吸収性マスターバッチ

⑤樹脂コンパウンド