企業名

内外テック< 3374 >

本社所在地

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル

会社情報HP

http://www.naigaitec.co.jp/

設立

1961年6月1日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

鳥羽洋行<7472>、東邦レマック<7422>

沿革

昭和36年6月油圧機械及び油圧機器の販売を目的として東京都港区に内外機材株式会社を設立。
平成13年4月商号を内外テック株式会社に変更。
平成18年6月当社100%出資の連結子会社内外テクノシステムズ株式会社を設立。
EMSS事業を業務移管。
(平成23年2月清算) 平成18年9月株式会社ナノテムと資本提携。
平成18年12月本社を東京都世田谷区三軒茶屋へ移転。
平成23年4月海外における営業基盤の強化の為、中国上海に納宜伽義機材(上海)商貿有限公司 を設立。
平成24年4月海外における営業基盤の強化の為、韓国に内外テック韓国株式会社を設立。
平成25年10月事業戦略の強化のため、技術開発部を新設。

事業内容

現在の製造業界は、製品のライフサイクルが短くなっており、メーカー様が設備投資をしても市場で最も需要のある時に最大量の製品供給を行えるような俊敏な対応が難しくなってきており、利益損失のリスクが増大しているのが実情である。 そこで専門商社でありながら設計・製造部隊を有する内外テック㈱に部品調達から設計・製造(総合組立)・物流・アフターサポートまでアウトソースして頂くことで、お客様の経営資源を戦略的重点分野に集約・集中頂くことが可能となる。"ものづくり"を中心とした、調達・販売、設計、製造、保守・メンテナンスまで、幅広いニーズにお応えしている。多くの製品を取り揃え、MDMSを推進していく。

事業リスク

① 半導体業界の需要動向や価格動向による当社グループの業績への影響について

半導体・FPD製造装置等の各種コンポーネンツ及び同装置の販売を主に行う販売事業と、半導体・FPD製造装置等の組立及び保守メンテナンス等を行う受託製造事業とで構成され、半導体メーカーや半導体製造装置メーカーへの依存度が高くなっている。このため、業績は半導体業界、とりわけ半導体製造装置業界の需要動向や価格動向の影響を強く受ける傾向にある。半導体業界は技術の変化により大幅に成長する反面、需給バランスが崩れることによって市場規模が一時的に縮小することや、また、価格競争が激しいため、デフレ傾向が顕著となり、常にコストダウンの要求を受けることになるため、の業績に影響を及ぼす可能性がある。

② 特定の取引先への依存度が高いことについて

主要な販売および受託製造の取引先は、東京エレクトロングループ(以下「同社グループ」という。)であり、売上実績に対する依存度が高い割合になっております。なお、同社グループとは取引基本契約を締結しており、取引のパイプが太いことはビジネスチャンスでもありますので、今後も取引の維持・拡大に努める所存でございますが、同社グループ各社への依存度が高いことから同社グループ各社との取引が大幅に減少した場合の売上高への影響や、同社グループ各社の生産計画が変更した場合や主要取扱商品が変更した場合の在庫商品の評価への影響が考えられる。

主力サービス

① 商品調達・販売事業

空圧機器・真空ポンプ

② デザイン・設計事業

新規設計からVA/VE提案まで幅広く対応

③その他事業

・保守・メンテナンス業務
・インターネット購買サービス・海外事業業務等