企業名

旭有機材工業株式会社< 4216 >

本社所在地

〒882-8688 宮崎県延岡市中の瀬町2丁目5955番地

会社情報HP

http://www.asahi-yukizai.co.jp/

設立

1945年3月12日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

化学

同業他社

北興化学工業<4992> 日本バルカー工業<7995> パーカーコーポレーシ ョン<9845>

沿革

昭和20年
資本金200万円をもって日窒化学工業株式会社(現在の旭化成株式 会社)の子会社として航空機用強化木の製造を目的とする日窒航材工業株式会 社を設立。

平成16年
樹脂事業部門の研究・開発のため総合研究所(愛知県扶桑町)を建設。

平成17年
旭有機材商貿(上海)有限公司を設立(現・連結子会社)

平成18年
旭有機材樹脂(南通)有限公司を設立(現・連結子会社)

平成20年
旭有機材閥門設備(上海)有限公司を設立(現・連結子会社)

平成23年
北方工場(宮崎県延岡市)を閉鎖し、北方プラスチック㈱を解散。執行役員制度を導入、旭有機販売㈱に中部旭有機販売㈱を統合。

平成24年
愛知工場 鋳造用フェノール樹脂製造工場を更新建設。アサヒモディマテリアルズPvt.,Ltd.を設立(現・連結子会社)

平成25年
号変更(現・連結子会社) 旭有機材樹脂(南通)有限公司が電子材料用フェノール樹脂工場を新設
旭有機材樹脂(南通)有限公司が鋳造用レジン工場を増設。ドリコ株式会社の全株を取得(現・連結子会社)

平成26年
韓国事務所を開設。

事業内容

管材システム事業と、樹脂事業の2部門にわたって、製品の開発・製造・販売 を行なっています。

事業リスク

①経済状況

事業は、製品を販売している国または地域の経済状況の影響を受けます。従 いまして、主要市場における景気後退、及びそれに伴う需要の縮小は、業績及 び財政状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

②為替レートの変動

事業には、全世界における製品の販売が含まれています。各地における売上 、費用、資産を含む現地外貨建ての項目は、連結財務諸表の作成のために円換 算されています。そのため換算時の為替レートにより、円換算後の価値が影響 を受ける可能性があります。

③市場価格競争

属している業界における競争はたいへん厳しいものとなっています。各製品 市場と地域市場において、競争の激化に直面すると予想されます。競合先には メーカーと販売業者があり、その一部は旭有機材工業よりも多くの研究・開発 や製造・販売の資源を有しています。このような状況により、価格面での圧力 または有効に競争できないこと等の事態が発生し、業績と財務状況に悪影響が 及ぶ可能性があります。

④原材料市況の動向

旭有機材工業の製品はプラスチックバルブ等石油製品の占める比率が高く、 これら素材の高騰がコスト削減努力を上回る場合にも売価への迅速な転嫁が困 難なため、業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。 また、これら供給業者に不測の事態が発生した場合や品質問題または供給不足 が発生した場合は生産活動及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

⑤知的財産保護

他社製品と差別化できる技術とノウハウを蓄積してきましたが、独自の技術 とノウハウの一部は、法的制限のため知的財産権による完全な保護が不可能、 または限定的にしか保護されないことがあります。そのため、第三者が知的財 産を使って類似した製品を製造することを効果的に防止できない可能性があり ます。

主力サービス

①配管材料

・ASAHI AV(手動バルブ)
・ASAHI AV(自動バルブ・センサー)
・ASAHI AV(パイプ・継手)
・Dymatrix(高機能樹脂バルブ)
・Falconics(高精度流量制御機器)
・Mixworx(混合器)
・装置・システム
・エンジニアリング

②素形材・機能樹脂

・鋳造用 樹脂製品
・鋳造用 砂製品
・住宅・建築用
・工業用
・電子材料
・成形材料
・摺動材料
・カーボン材料