企業名

ニチバン株式会社< 4218 >

本社所在地

〒112-8663 東京都文京区関口2丁目3番3号

会社情報HP

http://www.nichiban.co.jp/

設立

1934年12月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

化学

同業他社

四国化成工業<4099> 日本ピグメント<4119> 三光合成<7888>

沿革

大正7年
東京南品川に歌橋製薬所として創業、絆創膏類、軟膏・硬膏類の製 造を開始。

平成16年
ISO-14001全社統合(営業支店除く)

平成17年
メディカル製品開発センター開設

平成18年
「セロテープ®」バイオマスマーク認定を取得

平成19年
テープ製品開発センター開設

平成20年
セロテープ®発売60周年プロモーション実施

平成21年
「ロイヒフェルビ温®」発売

平成22年
テープカッター「直線美®」発売。「ケアリーヴ®パワー&フィット」発売。環境貢献活動「巻心エコキャンペーン」実施。

平成23年
「カテリープラス®」発売。テープのり「tenori®」発売。

平成24年
「ケアリーヴ®治す力™」発売

事業内容

粘着技術を基盤に高分子技術を駆使して、布・紙・セロファン・プラスチック をベースとした医薬品、各種感圧性粘着テープ及び接着剤並びにそれらに関連 する機械器具の製造販売です。

事業リスク

①原材料価格の変動

ニチバンの製品はプラスチックフィルム等石油を原料とするもの、天然ゴム 等市況の影響を受ける原材料が多いため、商品相場の高騰による仕入価格の増 加分を製品価格へ適正に転嫁できなかった場合、業績と財務状況に悪影響を及 ぼす可能性があります。

②価格競争

ニチバンの製品は流行に左右されず製品寿命の長いものが主流ですが、一般 的に消耗品として使用されることが多く、経済情勢の悪化や市場における企業 間競争の激化による価格下落等により業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性 があります。

③製品の品質

企業理念に基づく「品質方針」を策定し、品質マネジメントシステムへの取 組みを中心とした管理のもと、医薬品、産業資材、文具・事務用品業界向けの 製品の企画、製造・仕入、販売を行っていますが、予期せぬ事態により重大な 品質上の問題が発生し、当該製品や製品全体に対する評価が低下した場合、業 績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。

④環境問題

企業理念に基づく「環境方針」を策定し、環境マネジメントシステムへの取 組みを中心とした環境保全活動を積極的に推進していますが、今後新たな環境 規制の強化や変更が行われた場合、対応コストが増加し、業績と財務状況に悪 影響を及ぼす可能性があります。

⑤事故災害の発生

本社・工場等の事業所において事故災害等に対する各種保全活動を行ってい ますが、突発的な火災爆発による事故、地震、洪水等の天災により製造設備等 が大きな損害を受けた場合、業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま す。

主力サービス

①ヘルスケア製品

・救急絆創膏・あかぎれ保護バン
・テープ類
・包帯類
・ドレッシング材
・ケアーズ®シリーズ
・肩こり・腰痛薬
・バトルウィン®テーピングテープ
・バトルウィン®メディカル用品
・フットケア

②医療従事者向け製品

・サージカルテープ
・ドレッシング
・穿刺部保護
・テーピング類
・その他

③ステーショナリー

・テープ
・ラベル
・ふせん
・製本用品

④産業向け製品

・軽包装用テープ
・外装用テープ
・農産用テープ
・車両用テープ
・建築用テープ
・両面・特殊テープ
・機器