企業名

株式会社中村屋< 2204 >

本社所在地

〒160-0022

会社情報HP

https://www.nakamuraya.co.jp/

設立

1923年4月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

神栄<3004> ミヨシ油脂<4404> 長谷川香料<4958>

沿革

1923年
株式会社組織に改組、商号を株式会社中村屋とする。


2008年
インターネットでの通信販売を開始。


2011年
中村屋本店建て替えのため閉店。

事業内容

各種和洋菓子、パン、食品の製造・販売、レストランの経営

事業リスク

①食の安全・安心に関する影響について

当社グループは、お客様に満足していただける価値ある商品とサービスをお 届けするために、企画開発から原材料調達、生産、販売まで一貫した品質保証 体制を確立し、日常の管理を万全な体制で取り組むとともに、品質監査体制に おいても、AIB国際検査統合基準に基づいた品質保証システムをより効果的に 活用しております。さらに、研究開発室において、アレルギー検査や残留農薬 検査及び残留動物用医薬品(抗生物質・合成抗菌剤)検査を実施することで、食 の安全・安心を最優先課題とした自主管理体制及び安全確保の強化に努めてお りますが、取り組みの範囲を超えた事象が発生した場合には、当社グループの 業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

②原材料の調達価格変動に関する影響について

当社グループで製造販売しております主力商品の原材料につきまして、安全 かつ安定的な供給先の確保、計画的在庫の備蓄、事前の価格交渉、適正な為替 決済等を行い、価格変動リスクを可能な限り抑えております。しかしながら、 産地の天候不順や自然災害等の不測の事態が発生した場合や、海外からの輸入 に依存している原材料において、各種の衛生問題発生による輸入規制や、投機 等による価格の高騰など想定を超えた状況が発生した場合、当社グループの業 績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

③海外仕入れに関する商品のカントリーリスクについて

当社グループの一部商品につきましては、商品特性・原材料調達・生産効率 などの点で海外生産のメリットがあるものについて、海外の生産委託先で製造 しており、現地立合いの徹底により生産活動及び品質保証における管理体制の 強化を行っております。しかしながら、生産拠点での製造および原材料調達に ついては、さまざまなカントリーリスクが考えられ、渡航等が制限された場合 、調達が困難となり、一部商品の供給を停止せざるを得ない状況が発生するこ とが考えられます。

④取引先への依存リスクについて

当社グループの多くの商品につきましては、協力会社に生産委託しておりま す。生産委託は長期にわたる信頼関係による取引が続いており、安定的な製品 供給が確保されると判断しておりますが、これらの委託先にて充分な生産がで きない場合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま す。

⑤自然災害に関わるリスクについて

当社グループでは、全国の販売店舗での営業展開や製造工場での生産を実施 しております。これらの地域において地震や台風などの自然災害が発生した場 合に備えて、防災や事故対応マニュアルの整備、防災訓練の実施、安否確認シ ステムの導入と地震災害に対する事業継続計画(BCP)の策定など社内体制を整 備し、緊急時に備えてはおりますが、危機管理対策の想定範囲を超えた天変地 異の発生には対応できるとは限りません。その場合には当社グループの業績及 び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

主力サービス

①菓子

中華まんじゅう、和菓子、和生菓子、米菓、袋菓子、季節菓子(雛菓子、柏 餅、バレンタインなど)、洋焼菓子、クッキー、菓子缶詰等

②食品

業務用食品、調理缶詰(カリー、ボルシチ、ビーフシチュー等)、レトルト カリー

③飲食

南欧料理、イタリア料理、カリー等