企業名

株式会社不二家< 2211 >

本社所在地

〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6

会社情報HP

http://www.fujiya-peko.co.jp/

設立

1938年6月30日

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

食料品

同業他社

三井製糖<2109> ブルボン<2208> ニチモウ<8091>

沿革

昭和13年
資本金20万円をもって株式会社第二不二家を設立。


平成16年
旺陞貿易有限公司(台湾)、豊和貿易株式会社、江顕堂氏と不二家(杭 州)食品有限公司(現連結子会社)を中国現地法人として設立。


平成19年
山崎製パン株式会社と食品安全管理体制整備の支援に関する覚書を 締結。山崎製パン株式会社と業務資本提携契約を締結。山崎製パン株式会社に 対する第三者割当増資を実施。株式会社不二家フードサービス(現連結子会社) は、吸収分割により旧株式会社不二家フードサービスの事業を承継。


平成20年
本社を東京都文京区大塚二丁目15番6号に移転。山崎製パン株式会 社と新たな業務資本提携契約を締結。山崎製パン株式会社に対する第三者割当 増資を実施、同社の連結子会社となる。


平成22年
決算期を変更(3月度から12月度)。


平成26年
株式会社プレシアホールディングスとの間で株式会社スイートガー デン株式譲渡契約を締結。

事業内容

菓子・食品・アイスクリームなどの製造卸売、洋菓子販売チェーン店・喫茶及 び飲食店の経営、不動産事業など

事業リスク

①「食」の安全性について

近年、食品業界におきましては、消費者の食品の品質、安全性に対する関心 は一層高まっております。 当社グループでは、製品の安全性確保と食品事故の未然防止を図るため、社長 直轄の食品安全衛生管理本部を設置し、日々の品質管理に万全を期しておりま す。また、関係会社にも食品安全衛生管理本部から人員を派遣するなど、グル ープ全体の管理を徹底するとともに順次監査を実施し、製品の安全性の向上に 取り組んでおります。さらに、通常の品質管理業務とは別に、毎月11日を「食 品安全の日」と定め、工場、店舗、子会社及び関連会社の品質管理状況を確認 するとともに、製造委託会社の点検も実施し、不二家グループ全体の食品安全 衛生に対する意識の維持向上に継続的に取り組んでおります。しかしながら、 社会全般にわたる品質問題等、上記の取り組みの範囲を超えた事象が発生した 場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

②原材料価格について

当社の主原料であります乳製品、植物油脂、小麦粉、砂糖等の原材料が、世 界的な需給状況の変化や輸出国の政情不安等により量的確保が困難となる、ま たは、大幅な価格の高騰に見舞われた場合、売上原価の悪化や生産活動への支 障が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

③自然・社会環境の変化について

当社グループが展開している事業の中には、その特性上、過度な気温上昇に よって消費者の購買動向が影響を受け、売上の減少につながる可能性がありま す。また、想定した水準をはるかに越えた大規模地震や、感染症(インフルエ ンザ・ノロウイルスなど)によって、消費及び生産活動に関して多大な打撃を 蒙った場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

④株式市場の動向について

当社保有の株式については、すでに減損処理を実施してきましたので、今後 については大きな影響はないものと考えますが、株式市場の予測を上回る大幅 な下落が発生した場合については、投資有価証券評価損等の特別損失を発生さ せる可能性があります。

⑤法的規制等について

当社グループは、会社法をはじめとする一般法令に加え、食品衛生法、PL法 、景品表示法、労働基準法などの様々な法規制や制度の制限を受けております 。これらの法的規制が変更もしくは強化され、企業活動が制限された場合には 、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

主力サービス

①お菓子

ミルキー、生ミルキー、ルック、グランナッツ、カントリーマアム、ソフト エクレア、ポップキャンディ、ホームパイ、ドール、ペコのおやつ、アンパン マン、七五三(千歳飴)、ハロウィン、ファミリーチョコレート、その他(チ ョコレート、キャンディ、ビスケット)、幼児菓子シリーズ、チャネル限定

②ドリンク

ネクター、レモンスカッシュ、その他

③ケーキ・洋菓子

ハロウィン、七五三、クリスマス、秋ごほうび新スイーツ、フローラルペコ シリーズ、チーズケーキ、ミルキースイーツ、アントルメ(ホールケーキ)、 プティガトー(カットケーキ)、おやつ菓子、ギフト、冷菓、ノベルティ・デ コレーショングッズ、ベーカリー、スイートガーデン商品