企業名

亀田製菓株式会社< 2220 >

本社所在地

〒950-0198 新潟県新潟市江南区亀田工業団地3-1-1

会社情報HP

http://www.kamedaseika.co.jp/

設立

1957年8月26日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

三井製糖<2109> 不二家<2211> ニチモウ<8091>

沿革

1946年
現亀田工場(元町)において亀田郷農民組合委託加工所を創業し、水飴 の委託加工を開始。


2006年
田中通泰が社長に就任。「ちぎれもち」発売。


2007年
会社設立50周年。R&Dセンター完成。


2008年
アメリカ・KAMEDA USA,INC.を設立。


2009年
タイ国・SMTC Co.,Ltd.(現・THAI KAMEDA CO., LTD.)を子会社化 。グループビジョン改正。「グローバル・フード・カンパニー」。とよす(株 )、「十火」を開業 。


2010年
ケイ・システム(株)、(株)アデマックを吸収合併。新潟輸送(株 )、物流拠点「関東広域センター」を埼玉県所沢市に開設。


2011年
とよす(株)、「かきたねキッチン」を開業。


2012年
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。「HAPPY Turn’s」開業。 わアメリカ・Mary's Gone Crackers. Incを子会社化。


2013年
尾西食品(株)を子会社化 。ベトナム・THIEN HA KAMEDA, JSC.合弁 会社設立。

事業内容

菓子の製造販売

事業リスク

①原材料の調達について

当グループの商品は米などの農産物を主な原料としており、様々な品種や産 地などを分散調達することによって、安定した数量の確保と特定の調達先への 集中の回避をはかっております。しかし、これらの原料は、作柄、相場の変動 、調達先の経済状況などによって、調達価格や調達量に影響を受ける可能性が あります。また、副原料、包装資材など原材料全般に渡って、需給動向や原油 価格、為替等の変動によって調達価格が変動し、当グループの業績に影響を与 える可能性があります。

②原材料および商品の安全について

当グループは、原材料や製造工程の各段階で、社内基準に従った検査を行う とともに商品・原材料のトレーサビリティの仕組みを構築しており、安全を確 保しております。しかし、原材料や製造工程に想定外の問題が発生した場合に は、当グループの業績に影響を与える可能性があります。

③流通の変化と競合等について

当グループの商品は主として卸売業、小売業との継続的な取引に基づいて流 通し、お客様のもとへ届けられております。しかし、これらの業界や特定企業 の経営状態や販売政策などの変化によって、販売機会や販売価格に影響を受け る可能性があります。また、競合企業による新商品の投入や販売促進活動によ り、当社商品の陳腐化や販売機会の減少などの影響を受ける可能性があります 。

④天候の変化や消費動向について

当グループの商品は食品であるとともに嗜好品であり、天候の変化や個人消 費動向の変化によって販売機会、販売数量や販売価格などに影響を受ける可能 性があります。

⑤経営インフラの集中によるリスクについて

当グループの本社機能および主要な生産拠点・物流拠点は新潟県下越地方に 集中しており、当該地方全域に渡る自然災害あるいは大規模停電などによって ライフラインが断たれる状況が発生した場合、当社の業務全般に重大な支障が 発生する可能性があります。

主力サービス

ブランドラインナップ

亀田の柿の種、ぽたぽた焼、海苔ピーパック、ハッピーターン、亀田のまがり せんべい、うす焼、つまみ種、手塩屋、こつぶっこ、ハイハイン