企業名

セブン&アイ・ホールディングス< 3382 >

本社所在地

〒102-8452 東京都千代田区二番町8番地8

会社情報HP

http://www.7andi.com/company/summary.html

設立

2005年9月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

ZOA<3375>、 オンリー<3376>、 富士バイオメディックス<3379>

沿革

2005年9月
持株会社(株)セブン&アイ・ホールディングス設立

2005年9月
東京証券取引所市場第一部上場。

事業内容

セブン&アイ・ホールディングスグループは、セブン&アイ・ホールディングスと、連結子会社及び持分法適用関連会社1社で構成され、ECソリューション事業、システムインテグレーション事業及び物品販売事業を営んでいる。

事業リスク

①経済状況の動向等
グループは、日本国内において主要な事業を行うほか、世界各地 で事業を展開している。そのため、日本及び事業を展開している国または地域の景気や個人消費の動向などの経済状態が、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、グループは、顧客のニーズに的確に対応すべく、販売戦略に基づいた商品の取扱い・開発を積極的に行っているが、経済 政策や異常気象等により予想外の消費行動の変化が生じた場合、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

②金利の変動
金利の変動は、受払利息や金融資産・負債の価値に影響を与え、グループの業績や財務状況に影響を与える可能性がある。

③為替の変動
海外のグループ会社の現地通貨建ての資産・負債等は、連結財務諸表作成のために円換算される。また、グループの販売商品の中には、為替変動の影響を 受ける海外開発商品がある。したがって、為替相場の変動によりグループの業績および財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

コンビニエンスストア45%、スーパーストア35%、百貨店15%、フードサービス1%、金融関連2%