企業名

クリエイト・レストランツ・ホールディングス< 3387 >

本社所在地

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-10-18

会社情報HP

http://www.createrestaurants.com/crh/0151.html

設立

1999年5月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

富士バイオメディックス<3379>、 セブン&アイ<3382>、 ホールディングス・薬王堂・<3385>

沿革

平成9年4月
徳寿クリエイティブサービス株式会社が100%出資し、地ビール製造販売会社として、神奈川県横須賀市に株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニーを設立。

平成11年4月
東京都渋谷区神南一丁目17番5号に本店移転。

平成11年4月
株式会社クリエイト・レストランツに商号変更。

平成16年8月
本店を東京都渋谷区渋谷に丁目15番1号に移転。

平成17年9月
東京証券取引所マザーズに株式を上場。

平成22年6月
株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスに商号変更。

平成23年12月
本店を東京都品川区東五反田五丁目10番18号に移転。

平成25年10月
東京証券取引所市場第一部へ市場変更。

事業内容

クリエイト・レストランツ・ホールディングスグループは、クリエイト・レストランツ・ホールディングスと、㈱クリエイト・レストランツ、㈱クリエイト吉祥、㈱ルモンデグルメ及び、平成25年4月30日付で株式を取得し、新たに子会社となった株式会社イートウォーク、SFPダイニング株式会社並びに中國創造餐飲管理有限公司、createrestaurants asia Pte. Ltd.、上海創思餐飲管理有限公司及び香港創造餐飲管理有限公司の連結子会社9社、関連会社の上海豫園商城創造餐飲管理有限公司1社で構成されており、飲食事業を展開している。

事業リスク

① 既存店売上高の減少について
グループが属している外食産業については、生活防衛意識の高まりによる消費マインドの低下、調理済食材や惣菜を家庭に持ち帰って食する中食市場の成長等の影響により、外食事業者の既存店売上高については減少する傾向にある。 グループとしては、サービスの提供方法の変更、内装のリニューアル及び業態変更等を実施することにより、既存店売上高の維持拡大を目指している。  ただし、グループが出店している商業施設、ショッピングセンター、駅前等の立地において商流の変化及び周辺の商業施設との競合等が生じることによる立 地自体の集客力の低下、自然災害等の影響により、既存店舗の売上高が減少した場合には、グループの業績に影響を与える可能性がある。

② 食材の調達について
食材につきましては、残留農薬や鳥インフルエンザ等に代表されるように、その安全性が特に問われる環境下にあり、以前にも増して安全な食材の確保が重要になっている。 また、天候不順などによる農作物の不作や新規需要の増加、政府によるセーフガード(緊急輸入制限措置)の発動など需給関係の変動を伴う事態が生じた場合、食材市況に大きな影響を与える可能性がある。 グループにおきましては、様々な業態を運営しているため、特定の食材に依存している事実はないが、安全かつ安定した食材の確保については、積極的に取り組む方針である。 ただし、食材に係わる安全性の問題や、諸原材料価格の高騰による食材市況の変動激化等の事態が生じた場合には、グループの業績に影響を与える可能性がある。

③ 短時間労働者に対する厚生年金適用拡大等について
厚生労働省は、将来にわたる年金財政の安定化等を目的に、短時間労働者(正社員以外の労働者で、一週間の所定労働時間が正社員より短い労働者)に対する厚生年金への加入基準を拡大するべく検討している。 グループは、平成25年2月28日現在において5,629人の臨時従業員を雇用しており、業種柄多くの短時間労働者が就業している。今後、当該年金制度が変更され、厚生年金適用基準の拡大が実施された場合には、グループが負担する保険料の増加等によりグループの業績等に影響を与える可能性がある。

主力サービス

CRカテゴリー68%SFPカテゴリー21%専門ブランドカテゴリー8%海外カテゴリー4 %