企業名 フェリシモ< 3396 >
本社所在地 〒650-0035神戸市中央区浪花町59 .
会社情報HP http://www.felissimo.co.jp/
設立 1965年5月
上場市場 東証1部
決算 2月
業種 小売業
同業他社 クリエイト<7502>、 レストランツHD<3387>、 ツルハホールディングス<3391>
沿革 昭和40年5月 大阪市に株式会社ハイセンスを設立

平成元年11月
株式会社フェリシモに商号変更

平成7年9月
神戸市中央区浪花町59番地に本社移転

平成14年8月
株式会社フェリシモ(神戸市中央区 現・当社)を分割設立

平成18年2月
東京証券取引所市場第二部に上場

平成19年2月 東京証券取引所市場第一部に指定

事業内容 フェリシモグループは、フェリシモ及び連結子会社5社で構成され、通信販売事業を行っている。
事業リスク ①通信販売市場の動向について

グループは、一般生活者を顧客とした通信販売事業を行っている。グループでは国内の 通信販売の市場規模について、インターネットや携帯電話等モバイル端末の普及と情報技術の発達を背景としたeコマース市場の寄与から拡大傾向にあるものと 推測しているが、一方でカタログを媒体とした通信販売の市場規模は減少傾向にあるものと推測している。 このような市場動向の中でグループでは、カタログの再編・活性化、eコマースへの取り組み等により収益の拡大を図っているが、グループの施策が想定する効果をもたらさ ない場合、または既存事業者との競合、新規事業者の参入、新たな販売モデルの出現等により生活者の消費動向が変化した場合には、グループの事業及び業 績に影響を及ぼす可能性がある。 また、グループの主な顧客は、20歳代から40歳代の女性となっており、これら顧客層の消費動向また消費低迷による需要の落ち込み、長期的には少子化の状況は、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②法的規制について

グループは、国内の通信販売事業に売上高の大部分を依存しているが、当該事業は「特定商取引に関する法律」、「消費者契約法」、「不当景品類及び不当表示防止法」、「製造物責任法」、「下請代金支払遅延等防止法」、「薬事法」等による法的規制を受けている。 グループでは、管理体制の構築等によりこれら法令を遵守する体制を整備しているが、これらの法令に違反する行為が行われた場合、法令の改正または新たな法令の制定が行われた場合には、グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス 通信販売服飾・服飾雑貨74%同生活関連24%他2%